Menu
(0)

Search

ブリー・ラーソン、『キャプテン・マーベル』含むMCU映画7本への出演契約報道を否定

©ORIVERcinema

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の女性ヒーロー単独映画『キャプテン・マーベル』で主演のブリー・ラーソンが、今後シリーズの7作品への出演を条件に出演料500万ドルを手にしたという報道が出回った。ところが、ブリー・ラーソン本人がこれを否定している。

この一報は、大手業界紙の米The Hollywood Reporterによるもの。記事では、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの単独映画(タイトル未定)で、主演のスカーレット・ヨハンソンが出演料として1,500万ドルを受け取る見込みだというニュースを伝えていたもので、出演料に関する話題の折でブリー・ラーソンの名が挙げられていた。記事では、ヨハンソンに支払われるという出演料1,500万ドルと『アイアンマン』(2008)当時のロバート・ダウニー・Jr.の出演料とされる50万ドルとのギャップを明示。際して、ラーソンの『キャプテン・マーベル』出演料は500万ドルであることを紹介し、この高額報酬は今後のシリーズ7作品への出演も含む条件付きのものであると伝えた。

ラーソンに支払われるギャラの金額はもとより、ファンにとってはキャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースが今後7本のMCU作品へ登場予定であると示唆されたことのほうが重要だった。しかしこの報道直後、ラーソン本人が自身のTwitterにて「これは真実じゃない」と真っ向から否定している。ラーソンが否定したのは、出演料の金額を指すのか、7作品への出演条件を指すのか、その両方を指すのかは明らかでない。

Source:THR,@brielarson

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly