Menu
(0)

Search

日本限定!映画『ブリグズビー・ベア』オリジナル缶バッジをプレゼント

ブリグズビー・ベア
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

「あなたが一緒に住んでいた男女は、25年前にあなたを誘拐したのです」!
突如、外の世界で“本当の家族”とともに暮らすことになったジェームス(デイヴ・マッカリー)。彼の「常識」が、周囲の人間を騒動に巻き込んでいく…。第33回サンダンス映画祭(2017)でUSドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的なキャラクターと興味深いストーリーが話題をさらい、既に「傑作」との評判高い映画ブリグズビー・ベアが、2018年6月23日(土)よりついに日本公開となった。

ブリグズビー・ベア
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

この公開を記念して、劇中で作られる架空の教育番組『ブリグズビー・ベア』の主要キャラクターである”ブリグズビー・ベア”と語り部の”月(マーク・ハミル)”をイメージしたイラストが描かれた日本限定オリジナル缶バッジを2個セットで5名様にプレゼントする。

プレゼントキャンペーン概要

『ブリグズビー・ベア』日本限定オリジナルイラスト缶バッジ(2個セット)
※絵柄7種のうちから2種ランダム

応募方法:
THE RIVER公式Twitterアカウントをフォロー後、応募用ツイートをリツイート。

応募締切:
2018年6月30日(土)23時59分まで

当選者:
5名様

当選発表方法:
TwitterにてDM(ダイレクト・メッセージ)をお送りいたします。DM内で賞品発送先情報をお送りください。※DM送信後3日が経ちましてもご連絡がつかない場合は、当選破棄とみなし再抽選を行います。ご了承くださいませ。

『ブリグズビー・ベア』

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた──。
ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の⻘年。子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…。

映画『ブリグズビー・ベア』は、2018年6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開。

『ブリグズビー・ベア』公式サイト:http://www.brigsbybear.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly