Menu
(0)

Search

ブルース・ウィリス、人間支配をもくろむエイリアンから人類を救うSFアクション映画に主演

Bruce Willis ブルース・ウィリス
photo by Gage Skidmore

『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリスが、SFアクション映画『Cosmic Sin(原題)』の主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

本作は、謎の外来生物の襲来に立ち向かう人間たちの闘いを描く物語。人間の体を乗っ取り、人間社会の征服をもくろむ外来生物から人類を守るべく、科学者や兵士たちが戦いを繰り広げる。なお、ウィリスが本作で演じる役は明かされていない。

共同監督・脚本には、コーリー・ラージとエドワード・ドレイクが就任する。製作はドレイクが兼任。2人は、ウィリス主演のアクション映画『Breach(原題)』(2020年米国公開)で脚本を務めており、間を空けずにウィリスと再びタッグを組むことになる。2020年2月20~27日に開催される映画作品の見本市European Film Marketで、米ロサンゼルスに拠点を置くThe Exchangeが本作の配給権を出品するという。

Deadlineによると、ウィリスは2作のアクション映画『Open Source(原題)』『Survive the Night(原題)』の撮影に挑んだばかり。現在、本作は撮影前の準備段階にある。監督を務めるドレイクはInstagramのストーリーに本作の製作風景を投稿しており、作業は着々と進行している模様。続報に期待しよう。

Source:Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly