Menu
(0)

Search

ブライス・ダラス・ハワード、『スター・ウォーズ』映画の監督に興味示す ─「マンダロリアン」「ボバ・フェット」でエピソード監督を担当

ブライス・ダラス・ハワード
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/29233526208/ Remixed by THE RIVER

『ジュラシック・ワールド』シリーズのヒロインとしてもおなじみのブライス・ダラス・ハワードは、俳優としてだけでなく、監督としても活躍している。幅広く活動するブライスは、“『スター・ウォーズ』の映画”を監督してみたいようだ。

監督としてのブライス・ダラス・ハワードは、『スター・ウォーズ』のドラマ「マンダロリアン」(2019−)をはじめ、「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(2021−)にてエピソード監督を務めたことで知られている。「マンダロリアン」では「チャプター4:楽園」「チャプター11:後継者」、「ボバ・フェット」では「チャプター5:マンダロリアンの帰還」で監督を担当した。複数話担当していることからも、ルーカスフィルムやジョージ・ルーカスの信頼が厚いことがうかがえる。

かねてよりファンから、映画版での登板にも期待が寄せられているブライス。そんな中、io9のインタビューにて、『スター・ウォーズ』のキャラクターやストーリーを基にした映画で、監督として参加する可能性を尋ねられたところブライスは、「あら、誰かが私に頼む必要があると思います」と答えている。前向きな姿勢を示しているブライスに、ルーカスフィルムが反応してほしいところだ。

現時点で、『スター・ウォーズ』の映画企画は複数進行している状況。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギがプロデュースするものや、タイカ・ワイティティ監督を務める企画、『ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンスがメガホンをとる『スター・ウォーズ:ローグ・スコードロン(原題:Star Wars: Rogue Squadron)』などが存在する。

すでに監督が決まっている作品は別として、ファイギが進めている企画で、ブライスが監督として登板する可能性はあり得なくもないだろう。ちなみに同作の内容は不明だが、脚本は、「ロキ」(2021‐)『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)などのマイケル・ウォルドロンが執筆している。

Source: io9

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly