Menu
(0)

Search

トム・クルーズ、『トップガン マーヴェリック』劇場公開死守の思い ─ 「僕は大スクリーンのために映画を作る」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

俳優トム・クルーズが、フランスで開催中の第75回カンヌ映画祭に出席し、会場に向けてとある宣言を行った。「僕は大スクリーンのために映画を作ります」。

トムは次回作として、当初の公開予定から約3年の遅れが生じた『トップガン マーヴェリック』を控えており、本作はカンヌ国際映画祭でもプレミア上映された。上映後は約5分間に及ぶスタンディングオベーションが巻き起こったという。

本作は、コロナ禍の影響で配信スルー、もしくは配信と劇場の同時公開となったハリウッド映画が続出する中、劇場上映が断固死守された作品として知られる。とはいえ、トムは一度もストリーミング配信の可能性を考えなかったのだろうか?米Varietyの現地レポートによると、トムは会場でこう宣言したという。

そうしたことは起こりえません。これまでもこれからも。

コロナ禍中、トムは厳重な安全対策の下で実施された『ミッション:インポッシブル』最新作の撮影で多忙を極めていた中、2020年8月に公開されたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』を観に映画館へ足を運ぶ姿を捉えた映像を投稿。大スクリーンの重要性を訴えていた。これまで苦境に直面してきた映画館市場に回復の兆しが見られるなか、いよいよ今度はトムの番となる。

トムはプレミア上映時の登壇で、「僕は映画館オーナーの方々やポップコーンを作ってくれた人たちとたくさんの時間を過ごしてきました」とコミュニティに改めて敬意。「あなた方が今直面していることは理解できます」と寄り添いながら、「『ミッション:インポッシブル』と『トップガン』を公開するんだということは知っておいてください」と呼びかけ、大作映画の到来を予告した。「僕は大スクリーンのために映画を作ります」。

映画『トップガン マーヴェリック』は、80年代の青春スカイアクション映画として絶大な人気を得た『トップガン』(1986)約36年ぶりの続編。前作からはアイスマン役のヴァル・キルマーも復帰する一方、若手俳優たちも参加し、世代間のアツい物語が描かれる。

『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日(金)全国ロードショー。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly