Menu
(0)

Search

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』全3作を徹底解説 ─ あらすじ、小ネタ、マーティの謎も解明

バック・トゥ・ザ・フューチャー
© Universal Pictures Photographer: Ralph Nelson, Jr. 写真:ゼータイメージ

バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作は、タイムトラベルで過去や未来を行き来するという画期的な発想で世界を席巻したSF映画の金字塔。PART1の公開から約35年が経ってもいまだに世界中で愛され続ける本シリーズが、2020年6月12日から3週連続で「金曜ロードSHOW!」にて地上波放送となる。

本記事では、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』への理解を深めるため、あらすじや制作秘話、劇中に散りばめられたトリビアなどを徹底解説。作品の鑑賞と合わせてお楽しみ頂きたい。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)

あらすじ

1985年、カリフォルニア州にある小さな町ヒル・バレー。気の弱い父親ジョージとキッチンドリンカーの母親ロレインを両親に持つマーティ・マクフライは、ガールフレンドのジェニファーとスケボー、ロックが大好きなごく普通の高校生だ。ある日、マーティは親友の科学者エメット・ブラウン博士(通称:ドク)が乗用車“デロリアン”を改造して発明したタイムマシンによるタイムトラベル実験を手伝うことに。ドクとマーティは深夜のショッピング・モールの駐車場に集合し、人類初の偉業を成し遂げようと実験に取り掛かる。しかし、タイムトラベルに必要な燃料プルトニウムをドクに騙し取られたことに激怒したリビア人が2人を急襲。銃で撃たれてしまったドクを気にかけながらも、慌ててデロリアンに乗り込んだマーティは30年前の1955年にタイムスリップしてしまう…。

燃料切れで1985年に戻ることが出来なくなってしまったマーティは、助けを求めて知り合う前のドクの家に向かうが、その途中でロレインの父親が運転する車にはねられそうになったジョージを助け、頭部を打って気絶してしまう。本来はジョージが轢かれることになっており、これをきっかけにロレインがジョージに一目惚れするはずだった。運命が入れ替わったマーティは若き日の母に惚れられるという気まずい状況になってしまったばかりではなく、両親が結ばれるきっかけを失い、自分の存在が消えてしまう危機に直面。ジョージをいじめる性悪のビフが立ちはだかる中、マーティは1985年に戻るために奔走していく。

解説

“タイム・トラベル”というテーマを主題に置いた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、1985年7月の封切りから瞬く間に米国全土で人気を獲得。エディ・マーフィ主演『ビバリーヒルズ・コップ』やシルベスター・スタローン主演『ランボー/怒りの脱出』などを抑えて同年の米国内興行収入でトップの座に輝き、「フューチャー現象」と呼ばれる社会ブームを巻き起こした。

監督・共同脚本を務めたのは、後に『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)『コンタクト』(1997)など、名作を連発させることになる巨匠ロバート・ゼメキス。製作総指揮にゼメキスの師匠スティーブン・スピルバーグや『インディ・ジョーンズ』シリーズのフランク・マーシャルらが名を連ねている。音楽を手がけたのは、『ロジャー・ラビット』(1988)や『ボディガード』(1992)などで知られる巨匠アラン・シルヴェストリ。近年では『アベンジャーズ』(2012)や『レディ・プレイヤー1』(2018)などの大ヒット作を手がけている。

主人公マーティ・マクフライ役を「ファミリータイズ」(1982-1989)『ティーン・ウルフ』(1985)などで注目を集めていたマイケル・J・フォックスが、ドク役を『ロジャー・ラビット』のクリストファー・ロイドが演じている。

元々、帰郷していた時にアイデアを考案した脚本家・プロデューサーのボブ・ゲイルがそれまでに2度映画でタッグを組んでいたゼメキスに相談したことがきっかけで誕生した『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。とりわけ観客の目を惹くものといえば、翼のようなガルウィングドアが特徴のタイムマシン、デロリアンだろう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)開園時から2016年まで人気アトラクション(バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド)として親しまれるなど、日本でもその姿はお馴染み。ちなみに、アトラクション前に展示されていたレプリカのデロリアンは、ヤフオク!にて約460万円で落札され、マイケルが設立したパーキンソン病の研究助成財団に全額寄付されている。

本作では、タイム・トラベルによる時代間のギャップを通じて、1950〜1980年代のアメリカン・カルチャーが色濃く映し出されている。例えば、ロックンロールを愛するマーティは、タイムスリップした1955年に、世に出される前のチャック・ベリーの代表曲「Johnny B. Goode」(1958)を披露。ロックンロールがまだ普及していなかった1955年のヒル・バレーに、ロックが鳴り響くのだ。

また、未来からやって来たマーティを見た高校生のロレインは、パンツに書かれた「カルバン・クライン」を彼の名前だと勘違いしてしまう。今では誰もが知る有名ブランドだが、設立は1968年。1955年のロレインには通じなかったのだ。ちなみに、1985年当時のヨーロッパではカルバン・クラインの知名度が低かったことから、フランスとスペインではそれぞれピエール・カルダン、リーヴァイ・ストラウスと別のブランドに吹き替えが変更されて上映されたとの逸話もある

このように、当時のカルチャーを織り交ぜた映画としての一面を見せるバック・トゥ・ザ・フューチャー』だが、生みの親のゲイルが断言するように、本作は「家族についての物語」であることを忘れてはならない。「家族に関する物語は常に共感を呼びますし、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、“自分の両親も前は子どもだったんだ”といった人間一人ひとりの経験や気付きを描いているんです」とゲイルは説明している。本作は画期的なテクノロジーを描くSF作品というだけでなく、家族の絆に焦点が当てられたヒューマンドラマでもあるのだ。

『 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989)

あらすじ

無事に過去から1985年に帰還したマーティ。ジェニファーをデートに連れて行こうとするマーティの元に、未来から帰ってきたドクが現れる。ドクは、30年後の2015年で大変なことが起きていると言い張り、マーティとジェニファーを強引に連れて未来にタイムトラベルする。2015年のヒル・バレーではテクノロジーが発達しており、空飛ぶ自動車やホバーボードなど、画期的な未来都市となっていた。

一方、マクフライ家には崩壊の危機が迫る。マーティとジェニファーの間に生まれたマーティ・マクフライ・Jr.が窃盗容疑で捕まってしまったのだ。マーティたちが家族崩壊を阻止するために尽力している間に、偶然にもタイムマシンの存在を知った老いぼれのビフは、高校生の頃の自分にスポーツ年鑑を渡し、賭博で金儲けを企む。これが災いとなり、マクフライ家にとって大問題となる別の未来が発生。更なる危機に直面したマーティとドクは、ビフの企みを阻止すべく1955年に再びタイムトラベルする。

解説

PART2の冒険先は、打って変わって30年後の未来。ホバーボードやレストランの全自動サービングシステム、自動サイズ調整&乾燥機能付きジャケットなど、至る所でテクノロジーの進化が見られる2015年だ。

当時の観客に夢やロマンを持たせるような明るい未来が描かれるPART2は、3部作の中でも一際強い印象を放っている。ところが、ゲイルが執筆した脚本の初稿では、舞台は未来ではなく1960年代だったという。しかし、後に「タイムトラベルと時間のパラドックスを描いた映画の続編を作る」ということを意識するようになったゼメキスらは、「普通では絶対に出来ないことをしよう」と思い立ち、未来が描かれることになったそうだ。

また、PART1ではマイケル演じるマーティ/カルバン・クラインのように、1人の俳優が2つの時代の同一人物を演じるという展開があったが、PART2では同じ俳優が1つの画面上に2〜3人登場するという当時では稀な演出が行われた。これを実現するために、ゼメキス監督は“ビスタグライド・システム”と呼ばれるカメラを米VFX制作会社Industrial Light & Magic社に開発してもらったのだそう。この技術のおかげで、マイケルやロイドらによる1人多役の演出が実現したのだ。

進化したテクノロジーが描かれるPART2の製作にあたり、ゼメキス監督は当初、未来を「ジョークにして」描くことを決めていたという。しかし、2015年がすでに過去となった2020年時点から本作を振り返ると、監督たちによるジョークのテクノロジーは、現実となっているものもある。2016年には米Nikeが世界89足限定でマーティが履いていた全自動紐靴を再現したモデルを発売。また、劇中でスティーブン・スピルバーグ監督ならぬマックス・スピルバーグ監督による『ジョーズ 19』が上映される映画館では、サメがマーティの前に3Dで飛び出していたが、この技術も3D映画や拡張現実(AR)として現代に普及されている。

公開当時の1989年では“未来”だった2015年は、すでに“過去”のもの。実現しているテクノロジーもあるが、空飛ぶ車に乗れる日はまだまだ先のようだ。

『 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(1990)

あらすじ

1955年、別の未来を招く危機を乗り越えたマーティとドクだが、大荒れの天候の中タイムトラベルを試みたドクの乗るデロリアンは雷に撃たれ、1885年の西部開拓時代に飛ばされてしまう。2つの時代に離れ離れとなってしまった直後、マーティは1885年のドクから手紙を受け取る。ドクはクララという女性と幸せに人生を謳歌しており、1985年に戻る気はないのだという。ドクの気持ちを察したマーティは1955年のドクの助けを借りて1985年に帰ることを決意。しかし、2人は1885年にいるドクが、ビフの祖先ビュフォード・タネンに撃ち殺されてしまうことを知る。こうしてマーティは、1885年にいるドクを救うためにデロリアンで西部開拓時代を目指す。

ドクが撃ち殺される1週間前に到着したマーティは、ドクに事情を説明して1985年に帰るように伝える。しかし、ドクは崖に転落しようとしていたクララを助け、2人は恋に落ちてしまうのだ。一方、マーティは不運にもビュフォードに因縁をつけられ、1985年に帰る当日に決闘を申し込まれてしまう。マーティとドクは決闘が行われる前に元の時代に戻ろうとするが…。

解説

シリーズ完結編となるPART3の舞台は、まさかの大昔。なぜ完結編の舞台が19世紀後半の西部開拓時代に設定されたのかと気になる方もいるのではないだろうか。主演のマイケルによると、PART3製作の打ち合わせの場で、ゼメキスが「もしどこかに行けるなら、どこに行きたい?」と尋ねてきたのだそう。これに対してマイケルが「西部開拓時代かな。誰もがカウボーイになりたいと思っているし」と返答したところ、意気投合したためだという。

西部開拓時代のアメリカを再現するために、既存のセットは用いられず、アメリカ西部に広がる原風景モニュメント・バレーに「1885年のヒル・バレー」の町が一から作り上げられたのだとか。PART3撮影当時のインタビューで、マイケルも「めちゃくちゃ凝った作りで徹底的で、よく考えられていました。監督の“アクション!”という一言で、銃を持って通りに一歩踏み出しただけでゾクゾクでしたよ」とカウボーイに憧れる少年よろしく語っている。

PART3では、これまで科学一筋であったドクに予期せぬ恋が訪れるという大きな展開が待っている。1885年にタイムトラベルしたドクは、SFの父ジュール・ヴェルヌの愛読者である教師クララと運命の出会いを果たすのだ。物語の終盤では、1985年に戻ろうとするドクの乗る蒸気機関車に追いつこうと、クララは馬に乗ってワイルドに疾走する。実はこのシーン、ゼメキス監督いわく、馬に乗って蒸気機関車に手で触る所までをクララを演じたメアリー・スティーンバージェンが実際に行っていたという。「一番ヒヤヒヤした撮影日の1つでした」と当時を振り返っている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のラストは、タイムトラベルしたことで未来を変えてしまったが故に、タイムマシンの開発をこれまで何度も後悔してきたドク自身の象徴的な言葉で締めくくられる。「未来は自分で作るのだ」。家族を連れて旅に出るドクと元の生活に戻るマーティは最後に別れの言葉を交わし、物語は完結となる。ちなみに、ドク一家のその後を描いた作品として、コミック『Back to the Future: Tales From the Time Train』が2018年に米発売されている。同コミックで物語を手がけているのは、もちろんシリーズ生みの親であるゲイルだ。

おまけ:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』小ネタ

PART1でなぜ両親はマーティを憶えていなかったのか?

PART1公開以降、ファンの間で囁かれてきた謎がある。1955年にタイムトラベルしたマーティ(カルバン・クライン)が、ジョージとロレインの仲を取り持ったにも関わらず、1985年の2人はマーティのことを憶えている素振りを見せなかったというものだ。これを巡って一部のファンの間で“なぜジョージとロレインは、マーティを憶えていないのだろうか ?”という疑問が飛び交っていた。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンも疑問を呈したひとりだ。2020年4月、シリーズ生みの親ゲイルがについにこの謎に答えを出している

「17歳の時のジョージとロレインが、マーティと6日間くらいしか会ってなくて、ずっと一緒にいたわけではないことを念頭に置いて下さい。何年も後になって、2人は自分たちの初デートで面白い少年が仲を取り持ってくれたことをまだ憶えているかもしれません。でも、“高校での1学期にそういえばいたな”というくらいの人を覚えているでしょうか。それか一度一緒に出かけたことがあるくらいの人を。写真すら残っていなくて25年も経ってしまえば、ぼんやりとした思い出くらいにしか残らないでしょう。」

ビフ・タネンのモデルはドナルド・トランプ?

シリーズ通して、どの時代でもマクフライ家をいびり続けた悪役として描かれたタネン家。とりわけPART2で、スポーツ年鑑を過去の自分に渡し、2015年で大金持ちになったビフは、27階のカジノタワーを建設して豪遊、妻ロレインがいるにも関わらず女遊びをするなど、横行闊歩していた。

この性悪な男ビフは、かつて“世界の不動産王”と呼ばれ、2016年にアメリカの大統領に就任したドナルド・トランプに着想が得られていたのだとか。脚本家のゲイルは、トランプの大統領就任前の2015年にこれを認めている。

Daily Beastにて、PART2のビフとトランプの共通点を訊かれたゲイルは、「映画を作った時にそのことは考えていましたよ」と容認。トランプは、1970年代に不動産業のほかカジノの経営にも着手している。1980年代には大成功を収め 、巨万の富を築いた。PART2公開の6年前の1983年には、自身の超高層ビル、トランプ・タワーを建設するなど、まさにビフを彷彿とさせるような人生を歩んでいるのだ。そんなトランプは2020年現在、大統領としてアメリカのトップに君臨している。何が起こるか分からないものだ。

Source: Box Office Mojo,IMDb,THE HUNDREDS,THR(1,2),Josh Gad YouTube, James Gunn Twitter,Daily Beast, Back to the Future: Making the Trilogy,  (DVD). Universal Home Video. 2002

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly