Menu
(0)

Search

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTⅡ』ホバーボード、約5,500万円で落札されていた

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
(C)1989 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC.

未来と過去を行き来して繰り広げられるSFアドベンチャー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでは、ハイテクなアイテムが欠かせない。なかでも後世でも親しまれ続けているモノといえば、第2作『バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTII』(1989)で登場したホバーボードだ。なんとこのホバーボード、2021年9月に開かれた米オークションで超高額で落札されていた。

バック・トゥ・ザ・フューチャー』では主人公マーティといじめっ子のビフのガチ追跡劇がおなじみだが、2015年を舞台とした『PART II』では、マーティがビフの孫グリフに追いかけられるハメに。以前は得意のスケボーでビフを撒いたマーティだったが、グリフの時はスケボーではなく少女が乗っていたマテル社製のホバーボードを手にしたのだった。

最後こそ制御不能となっていたホバーボードだが、80年代当時の社会にとっては魔法の絨毯並みの代物だった(現在もそうだが)。『PART II』公開からおよそ30年が経過した2021年9月、撮影で使用された小道具のホバーボードが、米オークション団体Prop Storeに出品されたことが話題となった。

出品当時の推定落札価格は、8〜11万ドル。当時のレート(1ドル=約110円)で換算すると、880〜1,210万円にも及んだ。しかし、2ヶ月後の同年11月、ホバーボードは予想を大きく上回る額で落札されることになった。その額なんと、50.1万ドル、日本円にして約5,513万円。推定落札額の5倍の価値がついた。

実は、『PART II』で使用されたホバーボードは複数存在しており、2014年と2018年には同じようにオークションに出品されている。しかし、それぞれの落札額は3万ドルと10万ドル。2021年に出品されたホバーボードにはどうしてここまでの高値がついたのだろう。

それもそのはず、2021年版にはマーティ役のマイケル・J・フォックスとビフ/グリフ役のトーマス・F・ウィルソンの直筆サインがボードの裏に書かれていたという。競争率が高くなるのも想像に難くない。

ちなみに、直近の2022年6月にはビフ役のウィルソンが、当時から保管していた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)の未開封VHSテープを、米オークションに出品したことが話題となった。後に、75,000ドル、日本円にして1,000万円を超える値段で落札された

あわせて読みたい

Source: New Atlas

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly