Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ』第4作の監督が決定 ─ 「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」後の物語を描く

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画として企画されている、キャプテン・アメリカシリーズの第4作(タイトル未定)を手がける監督が決定した。

米The Hollywood Reporterなどによると、シリーズの新監督に就任したのは『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)のジュリアス・オナー。ナイジェリア系アメリカ人の映画監督で、同名戯曲を映画化した『ルース・エドガー』(2019)が高い評価を受けた。タイの大ヒット映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017)のハリウッド・リメイク版や、ジャン=ミシェル・バスキアの伝記映画『Samo Lives(原題)』を手がけることも決定している注目株だ。

Photo by Matthew Mendelson https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Julius_Onah.jpg

『キャプテン・アメリカ』第4作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)の流れを汲み、“キャプテン・アメリカ”を継承したサム・ウィルソンの新たな物語が描かれる予定。主演はアンソニー・マッキーが務め、脚本は「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本・製作総指揮のマルコム・スペルマンと、同作のスタッフ・ライターを務めたダラン・マッソンが共同執筆する。

なお、マーベル・スタジオは2022年7月のサンディエゴ・コミコンにて、コロナ禍前の2019年以来となる大型プレゼンテーションの開催を予定。『キャプテン・アメリカ』第4作の公開日や撮影時期は未定だが、なんらかの続報がここで正式発表される可能性もありそうだ。

Sources: The Hollywood Reporter, Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly