Menu
(0)

Search

『バズ・ライトイヤー』さらなる続編やスピンオフの可能性はあるか?『スター・ウォーズ』流の拡大、監督が示唆

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニーピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』は『トイ・ストーリー』のスピンオフともいえる内容だが、その『バズ・ライトイヤー』にさらなるスピンオフや続編の可能性があるかもしれない。

『バズ・ライトイヤー』は、『トイ・ストーリー』シリーズでおなじみのスペース・レンジャー、バズ・ライトイヤーの誕生秘話を描く作品。“もしもバズの世界が実在したら?”を題材にした作品では、マーベル映画『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズでおなじみのクリス・エヴァンスがバズの声を演じている。

『バズ・ライトイヤー』アンガス・マクレーン監督は米Screen Rantとのインタビューで、数々の続編やスピンオフを生み出している『スター・ウォーズ』を引き合いに出しながら、本作の将来的な可能性について語っている。

「私にとって『スター・ウォーズ』の何が好きだったかというと、その世界がどうなり得るかという、拡張性が常に許されていたところだと考えています。その制約のなさが最高にエキサイティングで、ドアを閉じたり、何かを繋げたりすると説得力がなくなると思うんです。

今は、この映画を完成させることに集中していますが、この作品は物語を孤立させる島のようなものを意図していて、バズが生まれたときから物語が始まるのではありません。その前後を色々と想像する作品で、それ(前後)を繋げるのはリスクが高いと思います。まだ何とも言えませんね。」

『スター・ウォーズ』を例えに挙げた監督の発言によると、『バズ・ライトイヤー』のエンディングはオープンな設定になっているようだ。ということは、将来的に続編やスピンオフが誕生する可能は大いにあり得るかもしれない。さらに、バス・ライトイヤーのもっと若い頃を描く「オリジン」なんてアイデアも登場するかもしれない。

とはいえ、『バズ・ライトイヤー』はまだまだ公開前。さらなる拡大は、興収成績と作品の評価にかかっていると言えるだろう。『バズ・ライトイヤー』は、2022年7月1日に日本公開だ。

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly