Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード9』C-3PO役アンソニー・ダニエルズがクランクアップ ─ 6ヶ月間の長期撮影、いよいよ大詰めへ

スター・ウォーズ
Photo by Birte Fritsch https://www.flickr.com/photos/lindenbluete/39446647621/

『スター・ウォーズ』シリーズでC-3PO役を演じてきたアンソニー・ダニエルズが、次回作『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の撮影を終了した。アンソニー自身がTwitterにて報告している。

今日は『エピソード9』でのC-3POの最終日でした。彼は悲しんでますし、それは僕も同じ。ですが、J・J(・エイブラムス監督)とキャシー(キャスリーン・ケネディ、ルーカスフィルム社長)率いる、すばらしく、かつ優秀なキャスト&スタッフと仕事ができて本当に光栄です。みなさんのことが恋しくなりますが、一緒に格別の作品を作ってきたこと、映画を待ちわびている全世界にお届けできることをうれしく思います。」

『スター・ウォーズ エピソード9』の撮影は2018年8月1日から開始されており、すでに撮影期間は丸6ヶ月という長期に及んでいる。ここにきてアンソニーの撮影が終了したということは、いよいよ本撮影は大詰めに入っているようだ。今後、メインキャストが続々と撮影を終えていくことになるだろう。ちなみにフィン役のジョン・ボイエガは、2019年1月中旬の時点で本編の山場であろうシーンを撮り終えたことを報告していた

C-3PO役のアンソニーは、これまで『スター・ウォーズ』オリジナル3部作・プリクエル3部作・新3部作とメイン・サーガの全作品に出演。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)にC-3PO役で、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)には素顔で出演しているため、『スター・ウォーズ』の実写映画にすべて出演している唯一の俳優となる。アニメ版・ゲーム版でも声優を務めているほか、『レゴ(R) ムービー』(2014)や『シュガー・ラッシュ:オンライン』(2018)など『スター・ウォーズ』と直接関係のない作品でもC-3PO役を多数演じてきた。

本作『エピソード9』は、『エピソード4/新たなる希望』(1977)に始まった「スカイウォーカー・サーガ」の最終作。シリーズは『最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督による新3部作、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)製作チームによる新シリーズ、ジョン・ファヴロー監督によるドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(邦題未定、原題:The Mandalorian)」などで継続されるが、過去40年以上にわたった物語はここで大きな区切りを迎える。今後の実写作品にも、アンソニーがC-3POとして登場してくれることを祈るばかりだ。

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly