Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』フィン役ジョン・ボイエガ、山場の撮影に手応え ─ 「今日の衝撃は別モノ」

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の撮影は、2018年8月から現在まで、長期にわたって進められている。監督を務めるのは『フォースの覚醒』(2015)のJ・J・エイブラムス。出演者とスタッフは一丸となって、スカイウォーカー・サーガの最終作に力を尽くしているようだ。

このたびフィン役のジョン・ボイエガは、撮影現場からチームの仕事ぶりを報告。公開まで1年を切った本作について、早くも手応えを明かしている。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Great working day on set!! The whole team pushed themselves today to achieve something visually crazy! I’ve had many moments of shock on set but not like today and I can’t wait until you know why 👀🙌🏾 #FN2187

John Boyegaさん(@johnboyega)がシェアした投稿 –

「今日の撮影は最高だった! 視覚的にものすごい場面を実現するため、チーム全体が懸命に努力しました。現場で衝撃を受けたことはたくさんありますが、今日は別モノ。どうしてそう言えるのか、みなさんに知ってもらうのが待ちきれません。」

秘密主義にのっとって製作が進められている『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』からは、予告編や本編写真はおろか、いまだサブタイトルも明かされていないまま。しかしボイエガの報告を読むかぎり、撮影が大きな山場を迎えていることは間違いないだろう。いよいよ5ヶ月目に突入した撮影は、本編のクライマックスなども含め、終盤戦に向けて駒を進めているとみられる。「視覚的にものすごい」ものがどんな仕上がりかは不明だが、写真の手には血らしきものが確認できるあたり、激しいアクションシーンが作られている可能性もありそうだ。

ちなみにボイエガは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の時系列が前作『最後のジェダイ』(2017)の1年後にあたると発言したと伝えられたが、これについて本人は「(発言を)覚えていない」として明言を避けている。なにもかも謎に包まれたままの『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、予告編の公開はいつになることか…?

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にはデイジー・リドリーやジョン・ボイエガをはじめ、『フォースの覚醒』に始まった新3部作のレギュラーキャストが再集結。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズも出演するほか、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは過去の未公開映像で登場する。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly