Menu
(0)

Search

『チャーリーとチョコレート工場』子役の現在は? ─ 大人になった5人、その後のキャリアを紹介

チャーリーとチョコレート工場
© Warner Bros. Photographer: Peter Mountain|写真:ゼータイメージ

ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督による映画『チャーリーとチョコレート工場』が公開されてから早17年。世界でたった5枚しかないウィリー・ウォンカ工場長からの招待状“ゴールデン・チケット”を引き当てた5人の子どもを演じた子役たちも大人へと成長した。

食いしん坊のぽっちゃり少年オーガスタス、リッチでわがままな少女ベルーカ、常にガムを噛むハイスペック少女バイオレット、反抗的だがゲームオタクの天才少年マイク、そしてとにかく思いやりに溢れた少年チャーリー。本記事では、それぞれ個性が強いキャラクターを演じて世界から注目を浴びた子役たちの「現在」を紹介したい。

オーガスタス役 フィリップ・ウィーグラッツ

ドイツ出身、肉屋の息子であるオーガスタスは、大好物のチョコレートを口の周りをベッタベタにして食べていたところ、口の中からゴールデン・チケットの噛みちぎられた破片を発見した。ウィリー・ウォンカへの工場へは過保護の母親と共に向かった。

そんなオーガスタスを演じたのは、ドイツ出身のフィリップ・ウィーグラッツ。1993年生まれのウィーグラッツは29歳になった。『チャーリーとチョコレート工場』で役者デビューを飾ったウィーグラッツは、その後の活動拠点をドイツに移し、「Krimi.de」(2005-2013)や『The Wild Chicks and Life(英題)』(2009)といった国内の映画・ドラマに出演した。

2012年、19歳の時に『ブラック・ウィドウ』(2020)ケイト・ショートランド監督の『さよなら、アドルフ』、2013年にドイツ製作のファンタジー映画『タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド』に出演した。同作を最後に役者としての活動はストップしている。現在の活動は定かでないが、Instagramを見る限り、かつての姿からはかけ離れた好青年に成長したようだ。

この投稿をInstagramで見る

Philip Wiegratz(@dr.wiegratz)がシェアした投稿

ベルーカ役 ジュリア・ウィンター

イギリス出身、ナッツ工場の娘としてリッチな暮らしをしてきたベルーカは、富の力を活用し、買い占めた何十万ものチョコレートの中からゴールデン・チケットを獲得。家に集まったマスコミの群衆を前に、整ったキラッキラの歯を見せたニンマリ笑顔が印象的だった。

ベルーカを演じたのは、スウェーデン出身、イギリス育ちのジュリア・ウィンター。ウィーグラッツと同じく1993年生まれの28歳だ。ウィンターにとって『チャーリーとチョコレート工場』は最初で最後の出演作となったようで、本作以降に出演した作品は無く、その後の歩みも定かでない。

しかし、2016年に英The Sunが伝えたところによれば、同時点でウィンターは故郷のスウェーデンで医者を目指していたという。その後、無事医者になれたかどうかは分からないものの、もしかするとすでに街の病院で診療にあたっているかもしれない。

バイオレット役 アナソフィア・ロブ

アメリカ・ジョージア州出身、ステージママの“英才教育”を受けて育ってきたバイオレットは、ゴールデン・チケットのために大好きなガムからチョコレートに食べるお菓子をシフトチェンジ。こうしてチョコレート工場への切符を手に入れた。チャーリーの祖母、ジョゼフィーンおばあちゃんからは「憎たらしい子」と言われてしまっていたが、そんな事は微塵も気にかけないであろう、サバサバ少女だ。

バイオレットを演じたのは、米コロラド州デンバー出身のアナソフィア・ロブ。2004年、シットコム「ドレイク&ジョシュ」(2004-2007)で子役デビューを飾ったロブは、『チャーリーとチョコレート工場』への出演を経て一躍有名に。出演後は『テラビシアにかける橋』(2007)や「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」(2013-2014)などで主演に抜擢された。28歳となった現在も俳優活動を続けており、最新作は『ギャング・オブ・アメリカ』(2021)。ちょうど日本では、2022年2月4日より劇場公開を迎えている。

マイク役 ジョーダン・フライ

アメリカ・コロラド州出身、シューティングゲームにドハマリのハイテク少年マイクは、チョコの製造年月日や天候、株価指数などの組み合わせからゴールデン・チケットが入ったチョコレートを一発で割り当てた。若干他人を見下しがちなマイクの性格は、工場での争奪戦で仇となってしまう。

そんなマイクを演じたのは、アメリカはワシントン州出身のジョーダン・フライ。『チャーリーとチョコレート工場』への抜擢前からテレビ番組に出演していた。2007年には、 スティーヴン・J・アンダーソン監督のアニメ映画『ルイスと未来泥棒』で主人公・ルイス役の声優に抜擢されるなど、活躍が続いた。

以降、俳優活動は控えめで、最後に出演したのは2012年の『ファインド・アウト』。しかし、2022年からは活動を本格的に再開したようで、ブライアン・A・ホフマン監督の新作『Big Life(原題)』とフィノラ・ヒューズ監督の新作『Byrd & the Bees(原題)』への出演を控えている。

この投稿をInstagramで見る

Jordan Fry(@jordanpaulfry)がシェアした投稿

チャーリー役 フレディ・ハイモア

イギリスの貧しい家庭に育ったチャーリーは、チョコレートを買うお金すら持っていなかったが、偶然拾ったお金でチョコレートを買ったところ、ゴールデン・チケットを手に入れた。チャーリーの優しさは、さらなる幸運が訪れることになる映画の結末で証明される。

チャーリーを演じたのは1990年ヴァレンタイン・デー生まれ、30歳になったばかりのフレディ・ハイモア。1999年、『チャーリーとチョコレート工場』で親子役共演を果たすことになるヘレナ・ボナム=カーター主演の『Women Talking Dirty(原題)』で子役デビューを飾った。2004年、ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』での演技が注目を浴び、世界的に名前を知られるようになった。同作で共演したデップの勧めにより、『チャーリーとチョコレート工場』への出演が決まる。

その後の活動も目覚ましく、『プロヴァンスの贈りもの』(2006)『アーサーとミニモイの不思議な国』(2006)『奇跡のシンフォニー』(2007)などに出演。ドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」(2017-)では主演・製作を兼任し、同シリーズは現在も続いている。待機作は、オスカー・ワイルドの短編『カンタヴィルの亡霊』原作のアニメ映画『The Canterville Ghost(原題)』。

Freddie Highmore フレディ・ハイモア
Photo by Monika9280 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Freddie_Highmore_at_GQ_Men_Year_Awards_2021.jpg

Source: The Sun

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly