Menu
(0)

Search

『アバター』続編、撮影再開に前進 ─ ジェームズ・キャメロン監督らがニュージーランド到着、2週間の自主隔離に

https://www.instagram.com/p/CA1U8k9p1Al/

ジェームズ・キャメロン監督アバター(2009)続編映画シリーズの撮影再開に向けて、2020年5月31日(現地時間)、キャメロン監督とプロデューサーのジョン・ランドーが撮影地のニュージーランドに戻った。ランドーが自身のInstagramにて報告している。

この投稿をInstagramで見る

Made it to New Zealand. Our 14-day government supervised self-isolation now begins. #avatarsequels #jamescameron #newzealand #airnewzealand✈️ #selfisolation

Jon Landau(@jonplandau)がシェアした投稿 –

『アバター』続編シリーズは、ニュージーランドの首都ウェリントンにて実写パートの撮影が実施されていたが、2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて撮影は中断、製作チームは帰国していた。5月上旬、ニュージーランド政府は撮影のガイドラインを承認。これによって、『アバター』やドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング(原題)」などの海外作品も撮影再開に一歩近づいていた。

しかしながら、実際に『アバター』続編の撮影がいつ再開されるのかはわからない。ランドー氏がInstagramにて明かしているように、二人は2週間にわたる“自主隔離”に入っているため、実作業に着手するのは早くとも6月14日(現地時間)以降。今後、キャスト陣もニュージーランドに随時入国するとみられるが、自主隔離の過程を踏む必要があるのは変わらないのである。

なお、ニュージーランドでは現時点でも厳しい入国制限が採られている状況。米Varietyによると、キャメロン監督やランドーをはじめとする『アバター』製作チームは、“経済的価値が非常に高い”外国人として、例外的に入国が認められたとみられている。

『アバター』続編シリーズは第2作~第5作までの4作品が予定されており、2021年米国公開予定の『アバター2(仮題)』では、前作から数年後を舞台に、地球人ジェイクと先住民族ナヴィのネイティリ、2人の子どもたちの物語が描かれるという。出演者には、サム・ワーシントンやゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラングらが続投。新たに『タイタニック』(1997)でキャメロンとタッグを組んだケイト・ウィンスレット、『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルらが加わる。

映画『アバター』続編シリーズは、第2作が2021年12月17日に、第3作が2023年12月22日に、第4作が2025年12月19日に、第5作が2027年12月17日に米国公開予定。

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly