Menu
(0)

Search

DCドラマ「ARROW/アロー」女性スピンオフ企画が頓挫、シーズン8でパイロット版を放送も

ARROW/アロー
(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW? and all pre-existing characters and elements TM and (C)DC Comics.

DCドラマ「ARROW/アロー」(2012-2020)の女性キャラクター、ミア・スモークら「キャナリーズ」のスピンオフドラマ(タイトル未定)の製作が正式に断念されたことがわかった。米Varietyなどが報じている。

「ARROW/アロー」の女性スピンオフ企画は、2019年9月、シリーズの最終シーズン(シーズン8)を控えて、同作を手がけた米The CWが発表したもの。主な登場人物は「ARROW/アロー」シーズン7に登場したミア・スモーク(キャサリン・マクナマラ)、ローレル・ランス(ケイティ・キャシディ)、ダイナ・ドレイク(ジュリアナ・ハーカヴィ)となる予定だった。

スピンオフ作品の製作にあたって、「ARROW/アロー」シーズン8では、本作のパイロット版にあたるエピソード「Green Arrow & The Canaries(原題)」が放送されていた。これは2040年のスター・シティを舞台に、ミアの前にローレル&ダイナが現れ、3人が街を救うためヒーローとして戦いを始めるという物語。パイロット版として製作されたため、このエピソードにはスピンオフドラマに直接つながる謎も用意されていたのだ。

「ARROW/アロー」など“アローバース”作品のプロデューサーであるマーク・グッゲンハイムは、2020年6月、もしキャナリーズのスピンオフが実現しない場合も「(残された)多くの謎に答える責任はあります。コミックのタイ・イン(クロスオーバー)のような形で解決したい」述べていた。「別の作品でもできなくはありません。今回の場合でいえば、2040年という時系列で謎を解けるのは『レジェンド・オブ・トゥモロー』(2016-2020)だけ」。ただしグッゲンハイムは、『レジェンド・オブ・トゥモロー』とキャナリーズの作風が大きく異なることは課題だと語っていた。果たして実現するかどうか……。

スピンオフドラマで製作総指揮を務める予定だったのは、「ARROW/アロー」のグレッグ・バーランティ、サラ・シェクター、ベス・シュワルツ、マーク・グッゲンハイム、シーズン7以降のプロデューサーであるジル・ブランケンシップ&オスカー・バルデラマ。シュワルツ、グッゲンハイム、ブランケンシップ、バルデラマが脚本を兼任する予定だった。

あわせて読みたい
ARROW/アロー

ついに完結「ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>」発売決定 ─ 「フラッシュ」「スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」も続々リリース

Sources: Variety, TV Line

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly