Menu
(0)

Search

【新たな聖地誕生】ブルックリンにキャプテン・アメリカの銅像建設が決定

タイトルでほぼ全て伝わってしまってはいますが、キャップテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(映画版)の生誕地であるニューヨーク市、ブルックリン区がキャップの生誕75周年を記念して銅像を建てちゃうことを発表しました。

設置場所はブルックリン最大の公園プロスペクトパーク。ニューヨークと言えばセントラルパークが有名ですが、このプロスペクトパークも、セントラルパークと同じくらいの広さがあり、セントラルパークと設計者も同じで、湖あり、渓谷ありの観光スポットとしても魅力的なニューヨークを代表する公園です。

cap-statue
銅像のスケッチ http://www.nydailynews.com/entertainment/captain-america-celebrates-anniversary-brooklyn-bound-statue-article-1.2700425

キャップの銅像は全長13フィート、約3メートル90センチになるそうですから、なんて言うか銅像としてちゃんと立派な大きさ。桜新町駅前にあるサザエさんのやつとか、鳥取県の水木しげるロードにある鬼太郎のやつとかとはダイナミックさが違うのです。やっぱり、お客さんを呼ぶならこれくらい思い切らないとね。

キャップの銅像は今月のサンディエゴのコミコンでお目見えした後、8月にプロスペクトパークに設置される予定です。ニューヨークを観光される際には是非訪れて、アベンジャーズ・アッセンブルしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにアメコミ研究家の光岡三ツ子さんのツイートによると、ブルックリン出身と明言できるのは映画版のキャップだけで、コミック原作の方のキャップは、出身がローワーイーストサイドだったり、ヘルズキッチンだったりするそうで、ブルックリン出身設定だったことはないそうです。

Writer

アクトンボーイ
アクトンボーイ

1977年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly