ディズニーがキャプテン・アメリカのVRアトラクションを企画中?謎の特許資料が公開される

ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に続き、今度はキャプテン・アメリカのアトラクション化を企画しているようだ。最新の特許資料を公開するウェブサイト「FRESHPatents」に、ディズニー・エンタープライズが作成した“星が描かれた円形の物体を投げることで動作するVR(バーチャル・リアリティ)システム”の資料が公開されている。

今回公開された資料によると、この「星が描かれた円形の物体」もといキャプテン・アメリカのシールドを投げるVRシステムは、使用者が手元にあるシールドの実物を投げてみると、実際にはシールドがレールの上を滑っていき、目の前には遠くまでシールドが飛んでいく映像が映し出されるというものだ。つまり実物のシールドに仕掛けられたセンサーが位置や方向を検知して、映像と音をリアルタイムで示してくれるのである。実現した暁には、来場者がキャプテン・アメリカのシールドをぶん投げて敵を倒したり、シールドで防御したりするアトラクションになるようだ。

もちろんコミックや映画で描かれているように、キャプテン・アメリカのシールドは投げると再び手元まで戻ってくる。資料にはそのイメージまできちんと図説されているので、百聞は一見にしかず、実際のイラストをご覧いただきたい。

http://images1.freshpatents.com/imageviewer/20170168556-p20170168556

http://images1.freshpatents.com/imageviewer/20170168556-p20170168556

また資料によると、この機器は「1つ以上のストーリー・デバイスを含む没入型の物語環境の一部」だという。すなわち、キャプテン・アメリカ単独のアトラクションかどうかは定かではないものの、こうした機器をいくつか備えたアトラクションの中に「シールドVRシステム」は設置されるというわけだ。

この特許資料を報じている情報サイト「デジタルトレンズ」は、この装置が東京ディズニーシーにもある「トイ・ストーリー・マニア!」のダーツやリングによく似ていると指摘している。すでに体験したことのある人なら、同アトラクションのキャプテン・アメリカ版、もしくはマーベル版を想像してもいいかもしれない。

すでにウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツは、マーベル作品のアトラクション化に次々と着手している。2017年5月には米ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!』がオープン、参加型ステージイベント『アベンジャーズ・トレーニング・イニシアティブ』もスタートした。さらに「マーベル・テーマパーク・ユニバース」計画も示唆されているなど、今後の展開に注目が集まっていたところだ。

米ディズニーランドに謎のアベンジャーズ・ハッチ出現!「マーベル・テーマパーク・ユニバース」いよいよ全世界に展開か

残念ながら、この「シールドVRシステム」を搭載したアトラクションがどんなもので、いつ、どこのディズニー・パークに誕生するのかは不明だ。なお今回公開された資料は「FRESHPatents」で全文を読むことができるので、英語と専門の知識に堪能な方はぜひお目通しいただきたい。

Sources: https://www.digitaltrends.com/cool-tech/disney-guests-throw-captain-america-shield/
http://www.freshpatents.com/-dt20170615ptan20170168556.php
https://disneyland.disney.go.com/entertainment/disney-california-adventure/avengers-training/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/Captain-America-Super-Soldier-輸入版/dp/B004RIACMW/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。