Menu
(0)

Search

【インタビュー】『囚われた国家』ルパート・ワイアット監督、〈支配〉と〈抵抗〉を重層的に描く ─「もしもケン・ローチがSF映画を撮ったら」

囚われた国家
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

近未来、エイリアンに支配されたアメリカを舞台にレジスタンスたちの戦いを描くSFサスペンス囚われた国家が2020年4月3日(金)に公開される。政府による事実の隠蔽、メディアを巻き込む情報操作など現代的なテーマを盛り込み、「起こりうる未来への警告」とも評された一作だ。

地球外生命体の侵略から9年後、2027年のシカゴ。政府は“統治者”と呼ばれるエイリアンの管理下に置かれていた。犯罪抑止という名のもと、全市民の身体にはGPSが埋め込まれ、ルールを犯した者は地球外に追放される。貧富の差はかつてないほど拡大し、街は荒廃。自由を取り戻すべく結成されたレジスタンス・グループは、“統治者”による団結集会への爆弾テロを計画し……。

確かに「SFサスペンス」でありながら、現代を撃つポリティカルな群像劇。しかも、演出は非常に抑制されたドキュメンタリー・スタイル。この意欲作を手がけたのは、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)の鬼才ルパート・ワイアットだ。THE RIVERでは、そのインスピレーションの源泉から、脚本執筆・撮影など創作の秘密までをじっくりと聞いた。

囚われた国家
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

「支配についての普遍的な物語を描きたかった」

──非常に現代的なテーマのストーリーです。時事的なテーマを意識されたのか、それとも監督の構想に現実が近づいてきたのでしょうか。

現代のアメリカだったり、どこか別の国の政治を参照したわけではありませんでした。むしろ、支配についての普遍的な物語を描きたいと思っていたのです。ネアンデルタール人の部族が別の村を支配したこと、ナチスドイツがフランスを侵略したこと、フランスがアルジェリアを侵略したこと、そういう“支配”の文脈でストーリーを語りたかった。外部から現れた人々に、人間がどのように抵抗するのかということも。

──そういう意味で、映画や小説など既存の作品にインスパイアされたところはありますか?

『アルジェの戦い』(1966)や、フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィルが晩年に撮った『影の軍隊』(1969)には大きな影響を受けています。『影の軍隊』は、メルヴィル自身がフランスのレジスタンス運動に参加していたことについての映画ですし、僕は今回のストーリーを、支配する側と抵抗する側、両方の視点で描きたいと考えていました。『アルジェの戦い』では、まずレジスタンスを鎮圧する中佐の視点でフランス側を描いておいて、それからアルジェリア人のレジスタンスの視点を見せる。だから僕は今回、若いアフリカ系アメリカ人(ガブリエル)が兄を理由にレジスタンスに入ること、ジョン・グッドマン演じる警察官がレジスタンスを弾圧することの両方を描きたいと考えたんです。

囚われた国家
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

──レジスタンスのメンバー、司令官、その周囲の人物を含めた群像劇でもありますが、監督自身が最も感情移入して描いたキャラクターを教えてください。

アシュトン・サンダースが演じてくれたガブリエルですね。若い彼の視点からすべてを見せたいと思っていました。ガブリエルはとにかく普通の生活を送りたい。ガールフレンドがいて、監視されていることが普通の“日常”から逃れられる、そんな生活を望んでいるんです。

──では、逆に最も描くのが難しかったキャラクターは?

えっと…それも、きっとガブリエルだと思いますね。普通のストーリーならガブリエルが主役になるんでしょうが、この映画はそういうアプローチではなく、いくつもの視点から物語を描きたかった。だから、ガブリエルに十分な出番を与えて、観客にきちんと感情移入してもらいつつも、同時に大勢のキャラクターがいる世界も見せていかなければいけなかったんです。たとえば「レジスタンスの戦士たちを描くのに20分は必要だな…」とか、いろんなところでバランスを取っていくのが大変でしたね。

囚われた国家
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly