Menu
(0)

Search

DC映画『アクアマン』をマーベル・コミックス編集長が絶賛 ─ 「楽しかった、子どもに戻ったような気分」

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、DC映画ユニバース最新作『アクアマン』を、“ライバル”として語られるマーベル・コミックスの編集長C・B・セブルスキー氏が絶賛した。

「『アクアマン』を観てきました。本当に楽しかった! とても愉快な映画ですし、スペクタクルな場面では、まるで映画館で子どもに戻ったような気分でした。甥っ子、姪っ子を連れていくのが楽しみです。ジェフ・ジョンズ(脚本)、ジム・リー(DCコミックス発行人)、ジェームズ・ワン(監督)の成功を心からお祝いします!」

東京コミコン2018 SEKAI NO OWARIがマーベル・コミックに
「東京コミコン 2018」にて、C・B・セブルスキー氏(左)

『アクアマン』では、「水中のスター・ウォーズ」とも形容される世界観で、スティーブン・スピルバーグらの名作映画にオマージュを捧げた“正統派の海洋冒険活劇”が繰り広げられる。『ソウ』『死霊館』シリーズで知られるジェームズ・ワン監督、そして主演のジェイソン・モモアは、本作でDC映画ユニバースの新たな一面を切り拓くことに成功。批評家や映画ファン、コミックファンの間でも大きな支持を得ている。

ちなみに今回はマーベルの重鎮が『アクアマン』に暖かい言葉を送ったわけだが、DC映画や『アクアマン』の作り手たちも、たびたびマーベル側へのリスペクトを公に表明している。
以前、ジェイソン・モモアは『アクアマン』の映画化が実現した理由として、『アイアンマン』(2008)でロバート・ダウニー・Jr.が成し遂げた功績を称えているし、DC映画の次回作『シャザム!』(4月19日公開)のデヴィッド・F・サンドバーグ監督は、今後楽しみにしている映画として『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)を挙げたのである。

すでに『アクアマン』は米国・中国をはじめとして世界中で大ヒット。2018年の年末から2019年の初めにかけて、大きな盛り上がりを見せている。これは『ワンダーウーマン』(2017)に次いで、絶対に見逃せない新作といえそうだ…!

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly