Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』セドリックの杖の構え方、『ダイ・ハード』に影響されていた ─ ロバート・パティンソンが語る裏話

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
© Warner Bros.|写真:ゼータイメージ

映画『ハリー・ポッター』シリーズに登場したとある人物は、魔法の杖を人に向ける時に変わった構え方をしていた。第4作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)のセドリック・ディゴリーだ。この杖の構え方については、セドリックを演じたロバート・パティンソンなりの工夫があったようで、公開から17年が経過した今、米GQとの取材でパティンソン本人が振り返っている。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、恒例行事のクィディッチに代わり、三大魔法学校対抗試合が開催された。ホグワーツからはハリーとセドリックが代表選手として選出され、計4人が優勝トロフィーを競った。

セドリックの妙な杖の構え方が登場するのは、本編のラストシーン。迷路の奥深くに置かれたトロフィーをフェアに同時に取ったハリーとセドリックだったが、実はトロフィーには移動(ポート)キーが仕掛けられており、2人はリドル家の墓にテレポートしてしまうのだった。目の前に現れたワームテールことピーター・ペティグリューに対し、セドリックは杖を拳銃のように構える。実はこの構え、パティンソン自身も拳銃のことを意識していたらしく、撮影当時を以下のように振り返っている。

杖を魔法の杖のように握るなんて間抜けだと思ったんです。僕は、2つの手で銃のように握ったんです。まるで自分が『ダイ・ハード』に出ているような気持ちになって(笑)。片眼を閉じて、照準器があるかのように覗きまでしたと思います。

『ダイ・ハード』といえば、ブルース・ウィリス主演の爆発アクション。『炎のゴブレット』撮影当時には、第3作『ダイ・ハード3』までが公開されていたが、当時ティーンエージャーだったパティンソンも、ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事に夢中だったのだろうか。

ちなみにセドリックはワームテールと対峙してすぐ、闇の魔術アバダ・ケダブラで殺されてしまう。“世界一ついてない男”で知られるマクレーン刑事よりも、彼はついていなかった。演じたパティンソンはというと、「『ハリー・ポッター』で稼いだお金の施しで、しばらく生活させてもらっていましたけどね」と今回も楽しそうに振り返っている。

記事内容に誤りがございました。お詫びして訂正致します。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly