ブラックパンサー役チャドウィック・ボーズマン、マーベル側は満場一致の即決オファー ─ 『シビル・ウォー』第三勢力が世界的ブレイク

マーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』で、主人公ブラックパンサーことティ・チャラを演じるチャドウィック・ボーズマンは、マーベル・スタジオ首脳陣の中でも即決でご指名が決まったようだ。ブラックパンサーが映画初登場を果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の製作会議でのことを、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギがScreenRantに語った。

ファイギは、チャドウィック・ボーズマンの起用について「この類の話題ではよく聞く言葉かもしれませんが、”彼以外考えられなかった”ってやつですよ」と語る。その決断は、異例とも言えるほどスピーディーに下されたようだ。


「私の記憶では、みんなでテーブルを囲んで『シビル・ウォー』のストーリーを考えているときのことで…。ネイト・ムーアやエグゼクティブ・プロデューサーもいて、ブラックパンサーを出そうという声が挙がったんです。キャップ側にもアイアンマン側にも付く必要のない、第三勢力が必要だろうということでね。ほとんど即決で、全員がチャドウィックの名を挙げました。私の記憶では、確かもう次の日に、本人に電話をかけていました。

©MARVEL STUDIOS 写真:ゼータ イメージ

思えばブラックパンサーのマーベル・シネマティック・ユニバースにおける出自はユニークだ。ソコヴィア協定の是非でアベンジャーズが割れた『シビル・ウォー』において、ブラックパンサーはどちらかと言えば個人の復讐心に駆られてチーム・キャップを追っていた。ファイギの言うように「第三勢力」だったブラックパンサーは、『シビル・ウォー』終盤で復讐心の連鎖が生み出す虚無に気付き、中立の立場を取る。そのパンサーが単独作『ブラックパンサー』で、ヒーロー映画史上最高額の売り上げを見込まれるほどの大傑作に化けることになろうとは。ここまでの展開を正確に読んでいた者は多くはないだろう。

 

この驚異的な期待と好評価には、間違いなくチャドウィック・ボーズマンの好演も大いに働いているはずだ。これほど適役を即座に頭に思い浮かべたマーベル・スタジオのキャスティング・センスには、ただただ恐れ入るばかりである。

映画『ブラックパンサー』は、2018年3月1日より公開。

『ブラックパンサー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther.html

Source:https://screenrant.com/black-panther-chadwick-boseman-choice-feige/
Eyecatch Image:Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。