Menu
(0)

Search

エディ・レッドメイン主演『シカゴ7裁判』セレステの主題歌「Hear My Voice」公開 ─ サウンドトラックも予約開始

エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィットら出演、Netflix映画『シカゴ7裁判』の公式サウンドトラックから、セレステによるフォーカス・トラック「Hear My Voice」が公開された。このたび、『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のダニエル・ペンバートンによるサウンドトラックのプリオーダーも開始されている。

セレステは「Hear My Voice」をダニエル・ペンバートンとともに共作。この楽曲は、2021年4月に開催される第93回アカデミー賞の「最優秀歌曲賞」に出品されることが決定している。カリフォルニア州カルバーシティ出身のセレステは、BBCから「2020年のナンバーワン・ブレイクスルー・アクト 」と予想され、2019年のブリット・アワードでライジング・スター賞を受賞した。現在はセルフタイトル・アルバムを2021年にリリースすべく準備を進めている。

『シカゴ7裁判』について、セレステは「重要でタイムリーな作品に参加できたことをとても感謝しています」と語る。「ダニエル・ペンバートンと私は、アーロン・ソーキンの映画と同じく意義があり、関連性があり、パワフルな曲を作りたいと思っていました。彼は真の先見の明のある人で、この物語に貢献できたことを本当に光栄に思います」。

セレステ
photo credit: MIA CLARK

音楽を担当したペンバートンは、ゴールデングローブ賞では『スティーブ・ジョブズ』(2015)『マザーレス・ブルックリン』(2019)で作曲賞に、『ゴールド/金塊の行方』(2016)では歌曲賞にノミネートされたクリエイター。セレステとの共同作業については「力強く、パワフルで、シンプルなメッセージを秘めた曲を一緒に作れたことをとても誇りに思います。1969年のシカゴでの出来事と同じように、現代に繋がる曲だと感じています」と語っている。

『シカゴ7裁判』

1968年、シカゴで開かれた民主党全国大会。会場近くでは、ベトナム戦争に反対する市民や活動家たちが抗議デモのために集結していた。当初は平和的に実施されるはずだったデモは徐々に激化し、警察との激しい衝突へ発展。デモの主催者であるアビー・ホフマン(サシャ・バロン・コーエン)、トム・ヘイデン(エディ・レッドメイン)ら7人の男〈シカゴ・セブン〉は、暴動を煽動した共謀罪で起訴され、かくして歴史に悪名をとどろかせた《衝撃的な裁判》が幕を開ける……。

出演者は『ファンタスティック・ビースト』シリーズや『博士と彼女のセオリー』(2014)のエディ・レッドメイン、『(500)日のサマー』(2009)『インセプション』(2010)のジョゼフ・ゴードン=レヴィット、『レ・ミゼラブル』(2012)のサシャ・バロン・コーエン、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)などの名優マイケル・キートン、『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマーク・ライランス。監督・脚本は『ソーシャル・ネットワーク』(2010)でアカデミー賞脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが務めた。

Netflix映画『シカゴ7裁判』は2020年10月16日(金)独占配信開始。⼀部劇場にて10⽉9⽇(金)公開。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly