Menu
(0)

Search

「これまでにない楽しさ」クリス・ヘムズワースが語る『ソー:ラグナロク』はコメディ要素強めか

アベンジャーズのマイティ・ソークリス・ヘムズワースと、その義弟ロキ役トム・ヒドルストンが揃って登場したイベントWizard World Philadelphiaのパネル・ディスカッション。トム・ヒドルストンが噂されている007の次期ジェームズ・ボンド役について「僕にもまだわからないんだ」と答えたインタビューも話題になった。

このパネル・ディスカッションで、クリス・ヘムズワースも撮影中の最新作『ソー:ラグナロク』について興味深い発言をしている。彼の発言から、『ソー:ラグナロク』にはコメディ要素が多くもたらされるという事が読み解ける。クリスはこう語っている:

「いやぁ、楽しみがいっぱいだよ。とてもいいやり方で、これまで見たことがないような大きな変化が起こっています。監督のタイカ・ワイティティ(Taika Waititi)は、彼の過去作を知ってるかな、すごくコメディの才能があるんです。彼のやることには全て心がこもっていて、これまでとは全然違うソー、違うロキがいる。今までに経験のない、新しい世界に旅立つんです。
すごく面白いんだけど、これ以上はやめとこう、言い過ぎちゃうからね。」

ソーとハルクのバディ・ムービーとなると言われている『ソー:ラグナロク』。『アベンジャーズ』一作目でもソーはハルクに突然殴り飛ばされたり、ハルクはロキをびったんびったんしたりとコメディ的な描写がハマっていたが、どれくらいのユーモアが見られるのか楽しみである。『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』くらいの絶妙テイストだと嬉しいな。

日本ではほとんど知名度のない監督のタイカ・ワイティティだが、前作は『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』というコメディを撮っている。

また同作は、原作コミック『プラネット・ハルク』の要素も取り入れているようだ。このエピソードについては、コチラの解説記事で少し触れているのでチェックしておこう。

https://theriver.jp/hulk/

Source:http://comicbook.com/marvel/2016/06/04/chris-hemsworth-describes-thor-3-ragnarok/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly