Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』続3部作を観たヘイデン・クリステンセン、感想を語る ─ 「ダース・ベイダーへの敬意が素晴らしい」

ヘイデン・クリステンセン
Gál Tímea https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hayden-cfda2010-0004(1)_(cropped).jpg CC BY-SA 4.0

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)でダース・ベイダーアナキン・スカイウォーカーを演じ、新作ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」に同役でカムバックしたヘイデン・クリステンセン。その役作りのために、『スターウォーズ』のスカイウォーカー・サーガ全9作を観賞し直したと明かしていたクリステンセンが、エピソード7~9にあたるシークエル(後日譚)3部作の感想を初めて語っている。

クリステンセンは、自身が関与しなかったシークエル3部作にどのような思いを抱いたのだろうか?マレーシアKakuchopureiのインタビューで感想を求められたクリステンセンは、こう答えている。

シークエル3部作を堪能しました。このキャラクター(ダース・ベイダー)に敬意を表してるのが素晴らしかったと思います。これまでに手掛けられた全ての作品を楽しみましたし、いちファンに戻って他のみなさんと同じように、これらの物語を観賞できて楽しかったです。」

むしろ、自身が出演していない作品だからこそ、周りの評価を気にすることなく純粋に楽しめたのかもしれない。

クリステンセンは以前、プリクエル3部作に対する当時の批判を受け止めるのが辛かったと胸中を吐露していた。しかし、「オビ=ワン・ケノービ」への復帰に備えてプリクエル3部作を見直し、改めてトリロジーの素晴らしさを再認識。「その全てにおけるストーリーテリングの質の高さと奥深さ、ジョージ(・ルーカス)のビジョンに本当に驚かされました。物語はニュアンスに富んでいて複雑に折り重なっており、本当に素晴らしいです」と称賛していた。

17年ぶりにクリステンセンがダース・ベイダー役で復帰する「オビ=ワン・ケノービ」は、2022年5月27日(金)16時よりディズニープラスにて独占配信開始。

Source:Kakuchopurei

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly