Menu
(0)

Search

ヘイデン・クリステンセン、「ダース・ベイダー」スピンオフに意欲 ─ 「彼と旅を続けたい」

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)でダース・ベイダーアナキン・スカイウォーカーを演じ、新作ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」で同役を再演するヘイデン・クリステンセン。17年ぶりの復帰を果たすクリステンセンは、すでに“その後”にも期待を寄せているようだ。

ET Canadaの取材に登場したクリステンセン。『スター・ウォーズ』シリーズでは小説やコミックも出版され、なかにはダース・ベイダーの名を冠した作品もあることにインタビュアーが言及。「ダース・ベイダーを主役にしたスピンオフに主演する意思はありますか?」と質問を投げかけられると、クリステンセンは前向きなコメントを発している。

ええ、もちろんです。このキャラクターはカルチャーにおいて非常に深い部分で共鳴しているし、そこには間違いなく探求できることがあると思います。あなたがおっしゃったように、そういった他のメディアで語られた数多くの別のストーリーもありますから。ですから、彼(ダース・ベイダー)と旅を続けられたらいいですね。

クリステンセンがダース・ベイダーを再演する「オビ=ワン・ケノービ」は全6話となり、そのエピソードで暗黒卿の全てを語り尽くすには時間が足りないだろう。クリステンセンは、アナキンのパダワンだったアソーカ・タノを描く新作ドラマ『アソーカ(原題:Ahsoka)』にも続投する。このカムバックを機に、ダース・ベイダーを主役にしたスピンオフ企画が浮上する可能性はゼロではないかも?

その前に、クリステンセンが久しぶりにダース・ベイダーとして登場する「オビ=ワン・ケノービ」を堪能しよう。

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly