ディズニー実写映画「くまのプーさん」米予告編公開!『クリストファー・ロビン』夢を忘れた「かつての少年」描く

米ウォルト・ディズニーによる実写版「くまのプーさん」、『クリストファー・ロビン(原題:Christopher Robin)』の米国版予告編が公開された。
『ジャングル・ブック』(2016)や『美女と野獣』(2017)など数々の名作を実写化しつづけているディズニーが本作で取り組むのは、シンプルに「プーさん」の世界を実写化するのではなく、あの世界の“その後”を描くというアプローチ。大人になった“かつての少年”クリストファー・ロビンをユアン・マクレガーが演じる。

実写映画『クリストファー・ロビン』の舞台は第2次世界大戦後のロンドン。主人公ロビンは成長して想像力を失い、今ではカバンを売る会社で働いているという設定だ。予告編では、厳しい上司に妻や娘との旅行をキャンセルさせられ、週末も働くよう言い渡されるという、いくらなんでも現実的すぎる展開を確認できる。
「どうすれば、どうすれば、どうすれば……」と頭を抱えるロビンの前に現れたのは、かつて少年時代に親しんだプーさんだった。「確かに、どうすればいいかな」と口にして姿を見せた彼は、「僕は壊れちゃったんだ」というクリストファーに「壊れてるようには見えないよ。シワが増えたかもしれないけど」と声をかける……。

出演は実写版『美女と野獣』で声優を務めたユアン・マクレガーのほか、映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのペギー・カーター役で知られるヘイリー・アトウェル、ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』(2010-)の脚本・出演を兼任するマーク・ゲイティスほか。また、プーさんの声には1988年以来このキャラクターを演じ続けているジム・カミングスが起用されたほか、本作にはティガーやピグレット、イーヨーといったおなじみのキャラクターが勢揃いする。

 

監督は『ネバーランド』(2004)や『君のためなら千回でも』(2007)、『007 慰めの報酬』(2008)のマーク・フォースター。脚本は映画監督としても活動する新鋭アレックス・ロス・ペリーと『ドリーム』(2016)のアリソン・シュレイダーが執筆し、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のトム・マッカーシーが改稿した。

映画『クリストファー・ロビン』は2018年8月3日に米国公開予定

Source: https://screenrant.com/disney-christopher-robin-trailer/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • Essay 2018年3月11日 at 8:27 PM

    検証ありがとうございました

    Reply