『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スノークの傷跡、その原因は ― 過酷な背景を俳優アンディ・サーキスが示唆

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で本格的な登場を果たした、ファースト・オーダーの最高指導者スノーク。このキャラクターを演じたのは、リブート版『猿の惑星』3部作でシーザー役を、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作でゴラム役を演じた、モーションキャプチャーの名手アンディ・サーキスだ。

『最後のジェダイ』のブルーレイが米国でリリースされるのに伴って、アンディは米Entertainment Weekly誌に登場。そこで彼は、これまで語られてこなかったスノークの背景を示唆している。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレ内容が含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

スノークは「脊椎側弯症」、その原因は?

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』において、スノークはカイロ・レンの手であっけなく殺されてしまう。前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)以来、ファンの間で話題となっていた「スノークの正体は?」「スノークの過去とは?」という謎は一切解決されないまま、最高指導者はその出番をひとまず終えてしまうのだ。

Entertainment Weeklyにて、アンディはその意図を改めて語っている。

スノークのことは大きな謎にしておきたかったんです。でも、J・J(・エイブラムス)と僕、それからライアン(・ジョンソン)と僕は、彼の背景についてしっかり話し合いましたね。彼がどこからやって来たのか。何も明かさないようにと言われていますが、プリクエル(前日譚)にせよ何にせよ、なんらかの形で再登場させたいと思っていますよ。」

以前、レイ役のデイジー・リドリーによって、J・Jが『フォースの覚醒』から『エピソード9(仮題)』までの脚本草稿を執筆していたことが明かされていた。『最後のジェダイ』のライアン監督はJ・Jによる草稿を使用しなかったようだが、J・Jの中ではスノークの過去がしっかりと決められていた可能性も高いだろう。ライアン監督もスノークの過去について熟考を重ねたようだが、J・Jとライアンがスノークの背景を100%共有していたかどうかはわからない。

その一方、アンディはスノークの過去をちゃっかり示唆してくれてもいる。身体をやや傾けながらスノークを演じることについて、「スノークは脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)」だと述べているのだ。

「彼は脊椎側弯症(編注:背骨が側方に曲がり、ねじれた状態)だと思います。だから、コルクの栓抜きみたいに身体がよじれている。脊椎が弱って、少しねじれているので身体が傾くわけです。こういう症状を長年患っていて、ほとんど関節症のようにもなっているんですね。」

また、アンディはスノークの年齢を「数百歳でしょうね」と語り、その顔や身体に残された傷跡や症状についてはこうも語っている。

(原因は)過去の戦闘です。それに(年を重ねて)衰えている。年老いたキャラクターで、戦いの傷跡が回復に影響を与えていて、身体はうまく動かなくなり始めているんですよ。」

さて、『エピソード9』でJ・Jはスノークの存在に言及するのか、あるいは今後の『スター・ウォーズ』にスノークは再登場するのか。アンディも「『スター・ウォーズ』では何でも起こりうる」と話しているが、実際のところ、今後についての話し合いは行われていないそうだ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開された。

Source: http://ew.com/movies/2018/03/06/andy-serkis-snoke-star-wars-last-jedi/
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。