Menu
(0)

Search

ホラー映画の鬼才イーライ・ロス、大規模ホラー・プロジェクトを始動 ─ 映画、ゲーム、ライブイベントを横断する恐怖

https://www.3blackdot.com/projects/clownpocalypse/

『ホステル』シリーズや『ノック・ノック』(2015)で知られるホラー映画監督イーライ・ロスが、大規模なホラー・プロジェクト「Clownpocalypse」を手掛けることが分かった。長編映画、ARビデオゲーム、ライブイベント、短編デジタルコンテンツ、マーチャンダイズなど、多岐にわたるホラーコンテンツを提供する見込みだ。米Deadlineなどが報じている。

本プロジェクトの製作、出資を担うのは、米ロサンゼルスに拠点を置くデジタルエンターテインメントスタジオ、3BlackDots。映画製作に加えて、メディア配給やイベント企画などを行っている。

企画進行中の長編映画『CLOWNPOCALYPSE(原題)』の脚本は、サバイバルアクションゲーム『ライズ オブ トゥームレイダー』(2015)やNetflix配信アニメシリーズ『ラブ、デス&ロボット』(2019)のフィリップ・ゲラットが務める。本企画からは、次のあらすじが発表されている。

「悪事を企むテクノロジーの天才CEOが人気SNS上でリリースした写真フィルターに取り憑かれたようにハマった何百万人ものユーザーが、精神異常のピエロに変異してしまった。狂気に満ちた社長を倒し、元の狂った世界を取り戻すために、若き不良グループが恐ろしい冒険に出る。」

長編映画の製作には、ロスを含め、3BlackDot社長レジナルド・キャッシュら5人が名を連ねている。本作の監督は未定で、2020年第1四半期の製作開始を目指して準備中とのこと。ロスは本発表に際して、以下のようにコメントしている。

「これまでジェームズ・フライ(本プロジェクト製作を担当)と3BlackDotの皆さんとは素晴らしいコラボをしてきました。コンセプトからアート、ゲームデザインまで、企画の段階でどのアイディアひとつとってもクレイジーすぎるものはなかったし、それぞれのアイディアを最高のレベルまで引き上げてくれました。長年、僕は色んな人たちから、そんなのゲームでできるわけないだろ、狂ってると言われてきましたが、やっとの思いでもっとこのプロジェクトを先に進めようと言ってくれるパートナーを見つけました。」

ロスは本企画について、「このプロジェクトは、ゲーマーや映画ファン、ライブイベントが大好きな人にとって、大規模で、とても楽しく、そして怖いものになりますよ。“Clownpocaypse”は今にもやってきます。心して待っていてください」と予告。数々のホラー映画を作り上げてきた鬼才イーライ・ロスにとっても新たな挑戦となるだろう。

Source:3blackdots,Deadline,Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly