Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』公開後7日間で世界興収5億ドルを突破へ ─ 日本公開、いよいよ目前に迫る

キャプテン・マーベル
ⒸMarvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作、映画『キャプテン・マーベル』が海外で大ヒットを続けている。米Varietyによると、2019年3月12日(米国時間)の時点で、本作は全世界興行収入5億ドルを突破する見込みだ。

『キャプテン・マーベル』は米国ほかにて3月8日(金曜日)に劇場公開を迎え、フランスや韓国など一部の国々ではそれに先がけて3月6日(水曜日)に封切られていた。報道によると、3月11日(月曜日)時点での米国興収(4日間)は1億6,430万ドル、海外興収(6日間)は3億2,560万ドル。累計額は4億8,990万ドルとなり、最初の劇場公開からちょうど1週間で5億ドルを突破することになる。

この時点で海外で秀でた成績を示しているのは、中国の9,500万ドル、韓国の2,530万ドル、イギリスの1,810万ドル、ブラジルの1,470万ドル、メキシコの1,370万ドル。いよいよ日本とナイジェリアでも3月15日に公開を迎えるとあって、どこまでの成績を示せるかに期待がかかるところだ。

なお『キャプテン・マーベル』は、3月10日(米国時間)までの米国公開後3日間で全世界興行収入4億5,500万ドルという好記録を達成。これは女性を主人公とする映画として、実写版『美女と野獣』(2017)の3億5,700万ドルを大幅に上回り、オープニング興収成績の歴代新記録を樹立するものとなった。ヒーロー映画としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)に次いで歴代第2位となる。なお本作によって、マーベル・シネマティック・ユニバース21作品の世界興収累計額は180億ドルを突破している。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)全国ロードショー。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly