Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』海外レビュー、「今までのMCUとはまるで違う」驚愕と絶賛相次ぐ ─ MVPは悪役ベン・メンデルソーンと猫のグース?

キャプテン・マーベル
© MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

2019年2月20日(米国時間)、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新作『キャプテン・マーベル』をいち早く全編目撃した米国のジャーナリストや批評家たちから映画の感想がぞくぞくと到着した。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)を直前に控える本作は、ブリー・ラーソン演じるキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルの初登場作品にして、MCU史上初の“女性ヒーロー映画”。『アイアンマン』(2008)に始まったMCUのストーリーにおいても、MCU作品の歴史や社会的意義を鑑みるうえでも重要な一本となることは間違いないだろう。本記事では、ファンの期待と想像を否応なしにふくらませてくれるコメントの数々をご紹介していきたい。


この記事には、映画『キャプテン・マーベル』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。事前に情報をいっさい入れておきたくないという方は、お読みにならないことをお薦めいたします。

キャプテン・マーベル
© MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

「今までのMCU作品とは違う」

試写で『キャプテン・マーベル』を観た人々から少なからず聞こえてくるのは、本作が過去20本のMCU作品とは異なる印象に仕上がっているということだ。1995年を舞台としていること、キャプテン・マーベルが“MCU最強のヒーロー”であることは、そうした作風にどう繋がっているのだろう…?

アナ・クラッセン(ライター)

「本当のところ、『キャプテン・マーベル』はほかのMCU映画とは違うと感じています。キャロル・ダンバースが何度も、何度も、何度でも立ち上がるのを見て、(感動で)ぞくぞくしました。MCUの歴史や、ほかの映画に繋がった楽しいイースターエッグもたくさん。注目してください。」

スコット・メンゼル(We Live Entertainment)

「『キャプテン・マーベル』には期待していたすべてがありました。ほかのマーベル映画とはまったく違うと感じます。ユニークかつフレッシュなオリジン・ストーリーの解釈が新鮮なんです。キャロル・ダンバース役のブリー・ラーソンが素敵でした。マーベル映画の私的オールタイム・ベストに加えます。」

アッシュ・クロッサン(ET Now)

「『キャプテン・マーベル』は(90年代っぽい深呼吸をして)本当に最高。キャロル・ダンバースみたいなマーベル・キャラクターは決していなかった。負けん気の強い、ウィットに富んだ、90年代の子どものようです。私もそうだったと思いたい。」

エリック・デイヴィス(Fandango)

『キャプテン・マーベル』は、ほかのどんなマーベル映画とも違ったトーンをもった、すばらしい90年代SF風映画。レトロでカッコよくて、ミステリアスでバカバカしい。驚くようなところで笑えるし、全編きちんとカッコいいんです。常に変化し続けるから、ずっと面白いですよ。見事な出来です。

猫は最高、サミュエル・L・ジャクソンは最高、ベン・メンデルソーンも最高、だけど僕のMVPはラシャーナ・リンチ(編注:キャロルの旧友、マリア・ランボー役)。彼女がこの映画にエモーショナルな重みを与えていて、この映画にはそれが必要だったし、それこそが映画全体を変化させていくんです。彼女をもっと観たい。」

驚きにあふれた展開とキャスティング

作風にとどまらず、『キャプテン・マーベル』にはいくつもの“サプライズ”が隠されているようだ。それがストーリーなのか、イースターエッグなのか、ファンが期待するようなサプライズなのかはわからない。しかし書き手は『キャプテン・マーベル』を語るうえで“驚き”を隠していない。そして、本作がまごうかたなきエンターテインメント・ムービーであるということも。

ところで気になるのは、ヴィランのタロスを演じる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)『レディ・プレイヤー1』(2017)のベン・メンデルソーンや、キャロルの友人を演じるラシャーナ・リンチ、そして猫のグースといったサブキャラクターに絶賛が寄せられていることだ。本編でどんな活躍を見せてくれるのか、今から注目しておきたい…!

エリック・アイゼンバーグ(CinemaBlend)

「楽しかった!まったく予想もしなかったクールなサプライズがあれば、ミステリーとオリジン・ストーリーの組み合わせは魅力的で面白い。ブリー・ラーソンは素晴らしく、MCUへの見事な一歩を踏み出した。」

マイク・ライアン(UPROXX)

『キャプテン・マーベル』は宣伝から予想したものとは別物でした。まさしく“全部が詰まった”宇宙の映画。そして、思っていたよりずっと奇妙な映画。タロス役のベン・メンデルソーンが素晴らしかったんです。こんなにスゴいベン・メンデルソーンは忘れられない。エイリアンのメイクをした普通のマーベル・ヴィランになってしまいそうだと心配していたんですが、まったくそうじゃなかった。この映画は彼なしではありえなかった。」

ドリュー・テイラー(Moviefone)

「すごく大好きな映画でした。時々ちょっと不安定にはなりますが、それはとにかく野心的な映画だから。見事に構築されていて、とても楽しくて、サプライズもいっぱい。ブリー・ラーソンはもちろん最高ですが、驚いたことにMVPはベン・メンデルソーン。」

デヴァン・コガン(Entertainment Weekly)

「『キャプテン・マーベル』は純粋に楽しい映画。小さな女の子たちの世代が、キャロル・ダンバースをヒーローとして成長していくのが楽しみです。

MCUの過去、そして未来

『キャプテン・マーベル』は1995年を舞台とする、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)以降、『アイアンマン』以前の物語だ。すなわちMCUの多くの作品にとって、この作品は前日譚(プリクエル)となっている。そして同時に、キャロル・ダンバースという女性ヒーローは、どうやらMCUの未来にも希望の光をもたらしているらしい…?

#CaptainMarvel is a great origin story. Brie’s buddy cop chemistry with @SamuelLJackson is so much fun and her relationship with Lashana Lynch is the real heart of it. Ben Mendelsohn and the cat both steal the show.

ピーター・シレッタ(/Film)

「『キャプテン・マーベル』は素晴らしいオリジン・ストーリー。ブリー・ラーソンとサミュエル・L・ジャクソンの凸凹コンビはすごく楽しいし、ブリーとラシャーナ・リンチの関係もとても心温まります。それから、ベン・メンデルソーンと猫が場面を持っていく。

マーベルは正しいプリクエルを作りました。説明しすぎることなく、予想外の答えをおもしろい方法で見せてくれる。(この映画は)MCUで最も複雑なヴィランのストーリーでもあるんです。90年代のサウンドトラックも楽しい。でも、やりすぎだと思った選曲もしばしば。」

ソネイヤ・ケリー(Los Angeles Times)

『キャプテン・マーベル』は『アベンジャーズ』の効果的なプリクエルで、ある意味では『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にも似ています。プロフェッショナルの女性を誇張なく描いていて、ポストクレジットシーンでは泣いてしまいましたし、鳥肌も立ちました。」

ケイティ・バート(Den Of Geek)

「『キャプテン・マーベル』最初の感想いくつか:
1.猫好きはこの映画が大好きになる。
2.90年代キッズにはたまらない音楽が流れる場面がいくつかある。
3.キャロルのヒーローらしい瞬間には本当にスカッとするし、女性が経験することにも忠実だと思う。
4.キャロルが加わって、MCUはさらに完璧になった。」

ペリ・ネミロフ(Collider)

MCUの未来は、キャプテン・マーベルが加わってさらに輝かしいものになりました。ブリー・ラーソンの生意気さ、強さ、エネルギー、本当に良かった。ラシャーナ・リンチも同じ! タロス役、ベン・メンデルソーンは120点のキャスティング。それから、そう、猫のグースに視線をもっていかれてしまうんです。二度目の観賞が待ちきれません。」

そして最後に、絶対に忘れてはならないのは、『キャプテン・マーベル』が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)と『アベンジャーズ/エンドゲーム』をつなぐ超重要作でもあるということだ。最後に『キャプテン・マーベル』のみならず、『アベンジャーズ/エンドゲーム』をも見据えたふたつのコメントをご紹介して、本記事を締めくくることにしたい。

スティーブン・ワインストローブ(Collider)

「『キャプテン・マーベル』は、歓迎すべきMCUの新人です。最高の瞬間がいくつもある、非常によくできた映画なのです。ベン・メンデルソーンはほぼすべての出番で注目をかっさらっていくし、ブリー・ラーソンは文字通り輝いている。さあ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に備えましょう。」

アンジー・J・ハン(Mashable)

「『キャプテン・マーベル』。えっと、サノスはもうダメだな。」


映画『キャプテン・マーベル』は2018年3月15日(金)全国ロードショー

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly