Menu
(0)

Search

キャプテン・マーベル、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に繋がる重要設定が判明 ─ サミュエル・L・ジャクソンが発言

東京コミコン2018 キャプテン・マーベル
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の次回作、映画『キャプテン・マーベル』より、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)に繋がる重要設定が明かされた…かもしれない。撮影現場にて実施されたインタビューで、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンが語った。

この記事には、映画『キャプテン・マーベル』のネタバレと捉えうる内容、および『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』のネタバレが含まれています。

キャプテン・マーベル、サノスとの対決の鍵に

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で、ヒーローたちはサノス相手に大敗を喫した。6つのインフィニティ・ストーンはすべてサノスの手に渡り、全宇宙の生命の半分はサノスの目論見通りに消滅。おなじみのヒーローたちも塵と消えてしまったのだ。では、ここからヒーローたちはいかに逆転するのか? その鍵を握るのは、やはり“MCU史上最強のヒーロー”であるキャプテン・マーベルのようだ。

インタビューでサミュエルは、キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルについて「まさしくマーベル・ユニバース最強のキャラクター」と発言。いまだ多くの明かされていない能力について、このように語っている。

「キャロル・ダンバースがキャプテン・マーベルになる、そしてブリー・ラーソンがその人物を演じるのは素晴らしいことですよ。(アベンジャーズは)いま、非常に、非常に厳しい状況に直面しています。『インフィニティ・ウォー』で観たようにね。つまり我々には、サノスと同じくらい強力な何かが必要なんです。そして私たちは、彼女がとても強力であることや、彼女の持っている能力をすべて知ることになる。彼女はマーベル・ユニバースにおいて、タイムトラベルを使える数少ない人物のひとりなんですよ。だから……」

聞き捨てならない。完全に聞き捨てならない。

残念ながらサミュエルの発言は――広報担当者に止められてしまったのだろうか――ここで終わっている。しかしこの言葉を信じるかぎり、キャプテン・マーベルはなんらかの方法によって時間を超えられるというわけだ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で消滅してしまったキャラクターを復活させる糸口はここにあるのかもしれない。

『アントマン&ワスプ』(2018)では量子世界に“時間の渦”が存在することが示唆されており、そこに閉ざされたスコット・ラング/アントマンが渦を通じて時間を超えるという展開を予感させた。しかしキャプテン・マーベルがタイムトラベルを駆使するのだとすれば、物語の可能性はそれどころではない。

では、キャプテン・マーベルはどうやって時間を旅するのか? そのヒントは、やはり量子世界にありそうだ。『アントマン』シリーズで科学面の監修を担当するスピロス・ミカラキス博士は、2017年5月、米Inverseのインタビューでこう発言していたのである。

「(MCUの)今後が楽しみですよ。数年のうちに、(量子世界に関する)いくつかのアイデアがいろんな方法でスクリーンに登場します。『アントマン』だけでなく、『キャプテン・マーベル』やマーベル・シネマティック・ユニバース全体にですね。」

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)全国ロードショー。すべての真相は劇場で確かめよう。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Sources: ET, Inverse

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly