Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』は「ニック・フューリーのオリジン・ストーリー」 ─ 主演ブリー・ラーソンが語る

©THE RIVER

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、『アントマン・ワスプ』(2018)に続いてマーベル・スタジオが放つのは“アベンジャーズ誕生以前の物語”だ。映画『キャプテン・マーベル』は1995年を舞台に、まだスーパーヒーローが登場していない頃の世界が描かれる。

この作品で現代と1995年を繋ぐのが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のキーパーソンであるニック・フューリーだ。『アイアンマン』(2008)以来のMCUを引っ張ってきた“最大の裏方”の若き日を演じるのは、おなじみサミュエル・L・ジャクソン。CGによる“若返り”で1990年代当時のルックスが再現された。

2018年12月8日(現地時間)、ブラジル・サンパウロで開催された「Comic Con Experience」に登壇したキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンは、そんなニック・フューリーとの顔合わせについて語っている。

(『キャプテン・マーベル』は)ニック・フューリーのオリジン・ストーリーでもあります。彼は眼帯をしていませんよね。すごく面白い要素だと思いませんか? 二人はバディ(仲間、相棒)になるので、その関係や、フューリーがはしゃいでる一面を見てもらえると思います。あらゆることが起こる以前の物語なんですよ。
でも、サム(サミュエル)はこの役柄をずっと演じてきた後でここに戻ってきて、最初の土台を作っている。そんな中で共演できるのって本当にうれしいですよ、歴史の一部になったんだって感じます。」

思えばニック・フューリーとは、マーベル・シネマティック・ユニバースにおいては未だ謎の多いキャラクターだ。過去に何があったのか、なぜ片目を失ったのか、物静かだが情熱を秘めたパーソナリティはいかにして形成されたのか。「ニック・フューリーのオリジン・ストーリーでもある」という『キャプテン・マーベル』では、そうした経緯が明かされることも大きな見どころとなりそうだ。

ちなみにマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、以前キャプテン・マーベルを「ニック・フューリーが初めて出会うヒーロー」だと紹介していた。本作では、“まだ何も知らない”若いニックがそなえている、新たな側面が見られるにちがいない。そういえば米国版予告編の第2弾には、すでにフューリーのコミカルな一面が映し出されていたではないか……。

ちなみに、ブリーとサミュエルは『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)で共演済み。『キャプテン・マーベル』では、同作とはまるで違った演技のコラボレーションにも期待できそうだ。

映画『キャプテン・マーベル』は2018年3月15日(金)全国ロードショー

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly