Menu
(0)

Search

「コブラ会」完結に向けた構想あり「ふさわしい花道を」 ─ ユニバース化の展望も

コブラ会
Cobra Kai Photo S1: YouTube Originals/Sony Pictures Television

ベスト・キッド』(1984)の正統な続編ドラマシリーズコブラ会」は、すでにシーズン4の製作が決定済み。現在は2021年1月にシーズン3の配信を控えているが、共同製作・脚本を務めるジョン・ハーウィッツとヘイデン・シュロスバーグによれば、すでに完結を見据えた今後の展望が構想されているという

本シリーズは、『ベスト・キッド』のダニエル・ラルーソーと“宿敵”ジョニー・ロレンスの30年後を描く続編ドラマ。元はYouTubeオリジナル作品としてスタートし、配信が開始されるや高い評価と人気を獲得したが、のちにYouTubeがドラマ製作から撤退。2020年6月にNetflixが世界配信権を獲得した。現在はシーズン2までが配信され、2021年1月1日にシーズン3の配信開始を控えている。

このたび米Cinema Blendのインタビューに登場したハーウィッツは、プリプロダクション(撮影前準備)にあるシーズン4について、「十分綿密に計画済み」と報告。続けて「それ以上の計画があるんです」と、シリーズの今後を語っている。

「いつシリーズが終わるのか、まだNetflixとは話せていません。けど、もし完結に関して“「コブラ会」についてはもう十分だ”と思う時が来たら、適切に終わらせられる為にも、それを伝えてもらうよう(Netflixに)話してあります。ファンを満足させられて、かつ今後更なる物語がやってきた場合のために登場人物たちを残しておけるような、ふさわしい完結の花道を演出するつもりなんです。」

こう語るハーウィッツ、本シリーズの完結について「最初からどこで終わらせたいかは分かっていた」と語る。とはいえ、現時点では具体的な終了時期は意識していないという。「シーズン数については、はっきりと決めていないんです」。

また、ハーウィッツとシュロスバーグは「コブラ会」を完結させることだけでなく、スピンオフの構想もまた念頭に置いている模様。それを実現させる上で、2人はブライアン・クランストン主演の「ブレイキングバット」(2008-2013)を目指しているという。シュロスバーグは、同シリーズを「シーズン数を重ねていく過程で『ベター・コール・ソウル』や『エルカミーノ』のような豊かなユニバースを作り上げた素晴らしい作品」と語っている。

そもそも『ベスト・キッド』ファンにとっては、「コブラ会」自体がユニバースを拡大させた作品と言えそうだが、ハーウィッツとシュロスバーグをはじめとする制作陣には本シリーズへの飽くなき探究心と計り知れない愛あるようだ。「私たちの愛は終わらないでしょうね。願わくば、可能な限りキャラクターたちを生かしてやりたいんです」。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly