『ベスト・キッド』続編ドラマ『コブラ会』本予告編公開!ジョニー、人生と道場の再起狙う ― 日本配信は不明

映画『ベスト・キッド』(1984)の正統な続編となる、ドラマシリーズ『コブラ会(原題:Cobra Kai)』の米国版本予告編が公開された。本作は『ベスト・キッド』の主人公ダニエル・ラルーソーと、彼と戦ったジョニー・ロレンスの“その後”を描くストーリー。ダニエル役のラルフ・マッチオと、ジョニー役のウィリアム・ザブカが1984年と同じ役で再登板を果たす。

『ベスト・キッド』続編、堂々の始動

今回の映像では、以前公開されたティザー映像とはうってかわって、作品のコミカルなトーンがより明快に押し出されている。予告編は映画『ベスト・キッド』で、ジョニーがダニエルに倒される場面から幕を開ける。
それから34年後の現在、床に眠っているジョニーを起こしたのは携帯電話の着信だった。かつてのライバルであるダニエルは、今では自動車ディーラー「ラルーソー・オート」の経営者。格闘技の経験を活かした、文字通り価格を破壊していくCMがジョニーを苛立たせる。

ダニエルに呼び出されたジョニーは、店先で手痛い(しかし悪意もない)扱いを受ける。「こちらジョニー・ロレンスさん。古い知り合いなんです」「ああ、やっつけられた人じゃないですか」「えっと、正確に言えば僕が顔を蹴っ飛ばしたんですよ」。一同爆笑である。
そんな折、ジョニーは一人の少年、ミゲルをいじめる不良グループに遭遇。向かってくる不良たちを、彼はあっという間になぎ倒してしまうのだった。「それ、テコンドーか何かですか?」「空手だよ。」「教えてもらえませんか?」

そんなある日、ダニエルは仕事帰りに車の中から信じられない光景を目にする。それは、かつてジョニーが在籍していた道場「コブラ会」の看板だった。募集チラシを見ながら、ダニエルは妻に「30年経って、あいつも変わったかと思ったのに。まだ同じことやってんだよ」とボヤく。
そう言いながら道場を訪れたダニエルは、ジョニーに「ティーンエイジャーをボコボコにしたって聞いたぞ」と一言。するとジョニーは、「ティーンエイジャーをボコボコになんかしてない。それに値するクソ野郎をぶっ飛ばしたんだ」と応じるのだった。「ジョニーはコブラ会を復活させられると思ってるのか? それはないだろ。」

しかしジョニーの開いたコブラ会には、続々と生徒たちが集まってくる。学校で辛い目に遭っている少年少女の「先生」となって、ジョニーは再起を狙うのだ。「俺が教えるのは、俺が教わった空手の流儀だ。弱々しいお前たちの世代に、本当に必要な戦い方だよ。」
少女を相手に戦うことに腰が引けているミゲルは、逆に少女の攻撃を受けて一瞬で倒れてしまう。「女の子は生まれつきのコブラだから。」

そんな中、ダニエルもまた鉢巻を締めて動き出すのだった。「ジョニー、君と僕は終わっていない。」

『コブラ会』ではラルフ・マッチオ&ウィリアム・ザブカのほか、ミゲル役にショロ・マリデュエナが、父親に反抗するジョニーの息子ロビー・キーン役をタナー・ブキャナンが、ジョニーの継父役をエド・アシュナーが演じる。またダニエルの妻アマンダ役にコートニー・ヘンゲラー、娘サマンサ役にメアリー・マウサーが配された。

シリーズの脚本を手がけるのは『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』(2010)のジョシュ・ヒールドと、ジョン・ハーウィッツ&ヘイデン・シュロスバーグ。なお、ハーウィッツ&シュロスバーグは全10話中多くのエピソードを監督するという。

ドラマシリーズ『コブラ会』は2018年5月2日にYouTubeの有料サービス「YouTube Red」にて世界配信予定
ただし同サービスは日本で利用することができないため、国内での配信・放送については不明だ(2018年3月24日時点)。

Source & Eyecatch Image: YouTube

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。