Menu
(0)

Search

映画版『Call Of Duty』続編企画始動、『ブラックパンサー』脚本家が登板 ― 第1作は2019年撮影予定

コール・オブ・デューティ(Call Of Duty)
Photo by The Conmunity - Pop Culture Geek https://www.flickr.com/photos/popculturegeek/6125807286/

世界的人気を誇るFPS(ファースト・パーソン・シューティング)ゲームシリーズ、『コール オブ デューティ(Call Of Duty)』の映画化企画に、早くも続編の動きがみられている。

Varietyによれば、ゲームの製作・発売を担当する米アクティビジョン・ブリザードの映画部門「アクティビジョン・ブリザード・スタジオ」は、映画版『コール・オブ・デューティ(仮題)』の続編に、脚本家として『ブラックパンサー』(2018)のジョー・ロバート・コールを起用したという。

アクティビジョン・ブリザード・スタジオは、現在、映画版『コール・オブ・デューティ』第1作の撮影を2019年に実施する見込みで準備を進めている。監督には『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』(2018)のステファノ・ソッリマが契約交渉に入ったことが以前報じられたほか、脚本は『スノーデン』(2016)のキーラン・フィッツジェラルドが執筆。また、プロデューサーには『パルプ・フィクション』(1994)から『ヘイトフル・エイト』(2015)まで、クエンティン・タランティーノ作品を数多く手がけるステイシー・シェアらが就任した。

なぜスタジオ側は、シリーズの第1作が本格的に動き出す前に続編企画を始動させたのか。その背景には、そもそも映画版『コール・オブ・デューティ』が“シネマティック・ユニバース”作品として構想されている事情がある。2018年11月時点で第1作の出演者や配給会社は未だ決まっていないが、シリーズ全体のビジョンは練られつつあるようだ。

このたび続編に起用されたジョー・ロバート・コールは、ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)で注目され、『ブラックパンサー』ではライアン・クーグラー監督とともに共同脚本を務めた。
自身が脚本・監督を務めるNetflixオリジナル映画『All Day and a Night(原題)』には『ムーンライト』(2017)のアシュトン・サンダース、「ウエストワールド」(2016-)のジェフリー・ライトが出演しているほか、Netflix製作の『Failsafe(原題)』でも脚本を執筆し、こちらは『ブラックパンサー』や『クリード』シリーズのマイケル・B・ジョーダンが主演・製作を兼任するとみられている。いまやハリウッドにおいて、名実ともに最も注目されるクリエイターの一人なのだ。

映画『コール・オブ・デューティ(仮題)』シリーズの第1作は2019年撮影予定。ひとまず第1作がどのように動き出すのか、それが問題だ。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly