Menu
(0)

Search

『キングスマン』タロン・エガートン、エグジー役で10〜15年後にカムバック希望 ─ 「誰かに座を譲りたい」

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

タロン・エガートンにとって、キングスマンシリーズは世界的ブレイクのきっかけとなった作品。タロンには、同シリーズと自身の関係の今後について、既に達観したかのようなプランがあるようだ。

シリーズ第1作『キングスマン』(2015)と、第2作『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)でコリン・ファースと共に主演を果たしたタロンは、直接の続編となろう『キングスマン3(仮題)』への出演が有力視されている。英EmpireのPodcast番組に登場したタロン自身が語ったところによれば、第3作後はしばらくのブレイクを挟んだ後のカムバックを果たしたいという。

タロンは、まずは第3作を「僕の人生においても最高の時を作ったシリーズにふさわしい」形での成功を願い、続けてこんな目標を明かしている。

僕の夢は、10〜15年くらいはスーツをハンガーにかけておいて、それからカムバックして誰かに座を譲りたい。そんなことをやりたいですね。きっと楽しいと思います。その前には、しばらくシリーズを離れないといけませんけど。」

もしもタロンの思い描く理想が実現したとしたら…。想像してみてほしい。今から10〜15年後のある日、あなたは「タロン・エガートンが『キングスマン』復帰」との見出しを見つける。そこには、40歳を超え、いぶし銀の魅力をまとい始めたタロン・エガートンの姿がある。しばらく物語上で見かけなかったエグジーはすっかりベテランとなり、次世代の若きスパイを導いてく。シリーズ第1作で、コリン・ファース演じるハリーがそうしたように…。

©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

むろん、今後10〜15年スパンで『キングスマン』フランチャイズがどう展開していくかは分からない。タロンが出演すると見られる『キングスマン3』に先立って、2019年11月8日には1918年を舞台に組織の始まりを描く前日譚『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム(原題:Kingsman: The Great Game、邦題未定)』が米公開予定だ。エグジーが将来、華々しく”カムバック”を飾るには、タロンの言うようにしばらくシリーズを離れる必要が生じてくる。魅力的なキャラクターが多い同シリーズがゆえ、様々なスピンオフ的展開も予想できるが、果たしてシリーズの芯であるエグジーの物語はどう動いていくのだろう?

Source:Empire,ScreenRant

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly