Menu
(0)

Search

ロバート・デ・ニーロ&トミー・リー・ジョーンズ&モーガン・フリーマンのお達者コメディ『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』2021年6月公開決定

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

ロバート・デ・ニーロトミー・リー・ジョーンズモーガン・フリーマンハリウッドを代表する3人のレジェンドが豪華共演を果たした映画『The Comeback Trail(原題)』が、『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の邦題として、2021年6月4日(金)より全国公開されることが決定した。公開発表にあわせて、ポスタービジュアルが到着している。

物語の舞台は1970年代のハリウッド。殺すと脅されてもめげないロバート・デ・ニーロ、殺しても死なないトミー・リー・ジョーンズ、そして殺してやるぞと睨みを利かせるモーガン・フリーマン。平均年齢78歳。煮ても焼いても食えないジジイたちのタフさと、愛嬌に魅了されずにはいられない最高のお達者コメディだ。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

他人を騙してナンボのハリウッドとはいえ、詐欺スレスレどころか絶対アウトなダメ男マックスに扮するデ・ニーロ。自殺願望を持ちながらも意外な大活躍を見せる元西部劇スターのデュークを演じるジョーンズ。そして極悪ギャングのボスで映画マニアのレジー役をフリーマン。映画界を代表する俳優陣が、映画に魅せられた永遠の映画少年のごとく、ドタバタ珍騒動を楽しそうに演じているのが大きな魅力のひとつだ。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

レジェンド俳優に加え、マックスの甥っ子でお人好しのビジネスパートナー役を『終わりで始まりの4日間』(2004)のザック・ブラフ、マックスの弟子から宿敵となった若手プロデューサー役を『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)のエミール・ハーシュが演じ、芸達者なコメディ演技でさらなる笑いを誘う。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

監督・脚本を務めたのは、デ・ニーロに王道エンタメの道を開いたアクションコメディ『ミッドナイト・ラン』(1988)の脚本で知られるジョージ・ギャロ。ギャロは、18歳の時に偶然『The Comeback Trail』という映画のラフカットを観る機会があり、そのアイデアに魅せられてリメイクの可能性を長年に渡って模索していたという。同作は、70~80年代に多くのB級映画を手がけたハリー・ハーウィッツ監督が自主制作したもので、正式に劇場公開されたことがない。観たのはわずかな業界人のみという幻のカルト映画として一部で話題となっていた。

ところがギャロは、偶然ハーウィッツの未亡人と知り合ってリメイク権を獲得。さらに旧知のデ・ニーロから「何か愉快な作品をやりたい」と言われたことで、ほぼ半世紀に渡る念願の企画を実現させることになった。そんな『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』では、映画業界のオモテとウラを扱っているだけあり、名画や往年の名優達にまつわるオマージュや小ネタも満載。映画を愛することをやめられない登場人物たちの会話に思わず笑みがこぼれるだろう。

公開されたビジュアルでは、見るからにうさん臭いプロデューサーの雰囲気を漂わせるマックス、タフな西部劇スターの貫禄たっぷりのデューク、ギャングらしい凄みを見せるレジーの3人を大きく捉えながら、劇中劇の主演俳優であるデュークが見舞われる絶体絶命ピンチの瞬間もちりばめられ、映画撮影の行方も気になる、映画そのままに愛らしいデザインとなっている。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックスは、ギャングであるレジーから借りた金が返せず大ピンチだが、起死回生の大トリックを思いつく。危険なスタント撮影で死亡事故が起きれば、保険金がガッポリ入って大儲けができると。早速ボツにしていたサイテーの脚本を引っ張り出し、老人ホームから往年のスター、デュークを担ぎ出して西部劇の撮影を開始する。ただし真の目的は、映画を絶対に完成させないことと、撮影中にデュークに死んでもらうこと。ところがデュークは思いの外しぶとくて、撮影は順調に進んでしまうのだった……。

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』は、2021年6月4日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly