Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』第3作正式タイトル、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に決定

https://youtu.be/COlAJAYbxFo

マーベル・シネマティック・ユニバーススパイダーマン』第3作の正式な米タイトルが、『Spider-Man: No Way Home(スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム)』となることが発表された。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントも認めている。

トム・ホランド(ピーター・パーカー)、ジェイコブ・バタロン(ネッド役)、ゼンデイヤ(ミシェル役)はこの前日、それぞれのSNSアカウントを通じて第3作のタイトルが『Spider-Man: Phone Home』、『Spider-Man: Home-Wrecker』、『Spider-Man: Home Slice』になると同時多発告知。コメント欄では自身らも状況を掴みかねるように、「おいおい、待て、何で違うの?」「ジョン(・ワッツ監督)と話す」とやりあっていた。

これに続く形で公開された動画は、ジョン・ワッツ監督のオフィスを訪れたホランドを扉の手前でバタロンとゼンデイヤが迎え、「どうだった?」「またフェイクを掴まされた」とやりとりする様子を描いている。ゼンデイヤが「またか」、バタロンが「だろうよ」と妙に納得する一方、ホランドは「なんでこんなことをされ続けるのかわからない」と怪訝な表情。バタロンは「わからない?どう考えてもネタバレするからだろ」と、ごもっともな返答。「僕ネタバレなんかしないよ!記憶にないし!」とホランドが弁明すると、ゼンデイヤは「前作のタイトル……」と返す。

お喋りしながら3人が通り過ぎたホワイトボードには、『Spider-Man: No Way Home』のタイトルが描かれており、おなじみのタイトルロールが流れる。その周りには、「Home」にまつわる様々なタイトル候補が検討されていた様子が残っている。

前作までのタイトルは『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)。それぞれ映画のストーリーを示すものとなっていた。「家に帰る道(手段)はない」という意味の新作『No Way Home』で、スパイダーマン/ピーター・パーカーを待ち受ける苦難とは一体。

なお邦題の正式発表はなされていないが、前2作は原題をそのままカタカナ化したタイトルが採用されている。これに従えば、邦題も『ノー・ウェイ・ホーム』となる可能性が高いだろう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(原題:Spider-Man: No Way Home)』米公開は2021年12月17日予定。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly