Menu
(0)

Search

『星の王子ニューヨークへ行く 2』監督、注目点や次回作に言及 ─ 続編抜擢で「嬉しくて気を失いそうに」

星の王子ニューヨークへ行く 2
(c)Images courtesy of Amazon Studios

『星の王子 ニューヨークへ行く』(1988)の続編『星の王子ニューヨークへ行く 2』が、Amazon Prime Videoにて、2021年3月5日(金)より日本を含めた240を超える国と地域で配信される。本記事では、30年以上の時を経て実現した待望の続編の監督を務めた、クレイグ・ブリュワーのオフィシャルインタビューを紹介したい

舞台は緑豊かな王国ザムンダ。新たに戴冠した国王アキームと、彼の親友であるセミが、アフリカからニューヨーク・クイーンズを目指し、全く新しい陽気な冒険を繰り広げる物語。前国王のジョフィ・ジャファ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)、クイーン・リサ(シャーリー・ヘッドリー)、クレオ・マクダウェル(ジョン・エイモス)、モーリス(ルーイ・アンダーソン)や、前作にも登場したお馴染みの床屋の店員など、『星の王子ニューヨークへ行く』のオリジナルキャストが集結している。

クレイグ・ブリュワーは、『ターザン:REBORN』(2016)の脚本や、エディ・マーフィ『ルディ・レイ・ムーア 』(2019)の監督を務めたことでも知られる逸材。このたびのインタビューにて監督は、続編に抜擢された際の気持ちや、続編を作る上でのこだわりや大切にしたこと、NGの多かったキャスト、さらなる続編への意欲などについて語った。

星の王子ニューヨークへ行く 2
(c)Images courtesy of Amazon Studios

──本作の製作が決まった時の気持ちを教えてください。

エディはここ何年間、続編を作りたがっていました。僕は『ルディ・レイ・ムーア』でエディと一緒に仕事している時に、『星の王子 ニューヨークへ行く』の続編の監督をやってみないかと持ちかけられました。嬉しくて気を失いそうになったけれど、その後実感が湧いてきてとても興奮しました。すごく楽しい作品が撮れると思ったからです。

──続編となる本作ではアキームとリサの子供たちやイジー将軍(ウェズリー・スナイプス)、そしてアキームの息子とその家族が初登場しますが、新しいキャラクターが登場する上でこだわったポイントや、大切にしたことはありますか?

本作ではザムンダについて深く掘り下げる機会を与えられました。オリジナルの映画では最初と最後の舞台になっていて、面白おかしく描かれていた王国です。イジー将軍はザムンダ在住の人物だが、第一作目でアキームの婚約者だったイマニの兄でもあるから、オリジナル映画には出演していなかったけれど繋がりはあります。彼を含めた新しいキャラクターを使って、ザムンダでの生活を描きつつオリジナル作品のネタも取り入れて物語に深みを持たせるようにしました。前作ではアキームたちがクイーンズへ行ったけれど、本作ではクイーンズの人々がザムンダにやってきて、彼らの王国を引っ掻き回す楽しいストーリーになっています。

──エンディングのNG集、とても楽しませて頂きました。実際、一番NGが多かった方はどなたでしたか?もし言えたら教えてください。

そうですね、誰でしょう(笑)。多分NG集の中で一番楽しいのはエディのシーン。撮影中に何か可笑しなことが起こったら、そこからさらに笑いを取ってくるのがエディです。NG王としてはエディとトレイシー・モーガンが一二を争っていました。

星の王子ニューヨークへ行く 2
(c)Images courtesy of Amazon Studios

──本作の中で特に思い入れのあるシーン、または注目して欲しいシーンはございますか?

まずオーハが歌うミュージックシーンが気に入っています。楽曲はプリンスの「Get Off」です。そして観るたびに感傷的になってしまうのは、アキームと義理の父クレオがマクダウェルのレストランのキッチンで会話をするシーン。アキームが頭を整理するためにモップがけをしていて、そこにクレオがやってきて父親同士でアキームの抱える葛藤についてしみじみと語り合う。

──大人気作品の続編を制作する上で、大切にしたことはありますか?

一番大切にしたかったのは、この続編がオリジナル作品をとても大事にして制作した作品だということがファンに伝わるようにすることです。前作に挑戦したり、何かを変えたりするようなことはしていません。30年後に制作する本作は新しいキャラクターが登場し、アキームも新しい問題を抱えることにはなるけれど、僕の仕事はみんなでオリジナル作品の良さを大切にしつつ、ファンが愛してやまないキャラクターたちの同窓会的撮影を滞りなく進めることだと思いました。

──1作目も非常に人気が高くファンが多いので2作目も大ヒット間違いなしだと思いますが、そうすると3作目が期待されるかと思います。次回作への意欲はありますか?また、もし作るとしたら何年後くらいになりますか?

もちろんあります!撮影中も3作目はこうで、4作目はこうなるという話をみんなでしていました。自分たちが楽しむための話だったけれど。でも実際に続編が仕上がった今、ザムンダとクイーンズの家族が一緒になって、新しい共通の敵に立ち向かうようなストーリーもありなのではないかと感じています。このキャスト陣とだったら是非また監督をしたいと思います。続編が成功して、コロナが収束し、例えば2年後位に次の作品に取りかかれるなんてことがあったら嬉しいですね。エディとアーセニオとだったら喜んでまた一緒に映画を作りたいです。

星の王子ニューヨークへ行く 2
(c)Images courtesy of Amazon Studios

──制作中の面白い出来事(ハプニング)などがあれば教えてください。

毎日何かしらハプニングは起きていたけれど、一番のお気に入りはNG集に入っているシーン。予定ではエディがアーセニオを蹴るフリをするはずだったのが、間違って激しくお尻を蹴ってしまって(笑)。不意打ちを食らったアーセニオが唸ってその場にへたり込んでしまいました。爆笑ものだったから、カメラを回し続けていて良かったですよ。(かなり面白かったようで、後半はずっと笑いっぱなしの監督でした)。

──本作の配信を楽しみにしている日本のファンへ、メッセージをお願い致します。

日本の皆さん、ザムンダにおかえりなさい!続編が実現するのに長くかかってしまったけれど『星の王子 ニューヨークへ行く 2』を是非楽しんでください!

星の王子ニューヨークへ行く 2
(c)Images courtesy of Amazon Studios

映画『星の王子ニューヨーク へ行く 2』は、2021年3月5日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly