Menu
(0)

Search

フィル・コールソン役クラーク・グレッグ、『キャプテン・マーベル』での「若返り」明かす ― 現代での復活は未定

クラーク・グレッグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/26107791796/

2019年公開の映画『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のファンにはたまらないお楽しみが用意されている。2008年『アイアンマン』から2012年『アベンジャーズ』まで、MCUの黎明期を支えてきたS.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンが再登場を果たすのだ。

『アベンジャーズ』でロキの手にかかり命を落としたコールソンは、長らくスクリーンへの再登場が待たれてきたキャラクターだ。なにしろこっそりと復活し、その事実をアベンジャーズのメンバーには伏せたまま、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2012-)では主人公として活躍を続けているのである。
ただし、久々にコールソンがスクリーンに復帰する『キャプテン・マーベル』の舞台は『アイアンマン』より以前の1990年代。もう少し若い頃のコールソンが、私たちの前に姿を見せることになるわけだ。

このたび米ComicBook.comの取材に対して、コールソンを演じるクラーク・グレッグは『キャプテン・マーベル』でのスクリーン復帰についてこうコメントしている。

「(マーベル・)シネマティック・ユニバースの友人から面白い電話があって。“また仕事があるんです。90年代が舞台なんですが、ジムには通えますか?”って。“90年代? その頃に戻れるジムなんてないでしょ”って答えたら、“大丈夫です、(CG)技術で数年分戻せると思いますよ”って言われましたね。」

やはりコールソンは、CGによる「若返り」によって2018年現在よりも若い頃の姿に戻ることとなりそうだ。本作への登場が判明しているニック・フューリーについても、きっと1990年代のサミュエル・L・ジャクソンが帰ってくるに違いない。

一方でMCUファンが気になるのは、「現代を舞台としたMCU映画にコールソンが帰ってくることはないのか?」という点だろう。なにせドラマの世界で、コールソンは現役でまだまだ頑張っているわけである。しかしこれについて、グレッグは「わかりませんね。僕が決められることじゃないので」と答えている。

「僕は(コールソン役を)打診された時に出るというだけです。いつかフィル・コールソンを演じなくなる時が来たとしても、その時にはつつしんで別れを告げるつもりですよ。素晴らしい旅をさせてもらっていますから。自分の居場所に感謝して、その時々を精一杯楽しむのが一番だと思っているんです。」

ひとまず『キャプテン・マーベル』でどんな活躍を見せてくれるのか、今はその勇姿を楽しみにしておこう…!

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定

Source: ComicBook.com
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly