Menu
(0)

Search

「カウボーイビバップ」オープニング映像、アニメ版と実写版の公式比較動画が米公開

https://youtu.be/NbrUbpZqyag

Netflixシリーズとしてハリウッド実写化される、日本発の人気アニメ「カウボーイビバップ」といえば、スペクタクルでクールなアクションや、ハードボイルドをはじめとするさまざまなジャンル、キャラクターたちの粋な台詞回しなどが特徴的だが、何と言っても欠かせないのが、おなじみのオープニングクレジット映像だろう。

『TUDUM: グローバルファンイベント』(2021年9月26日)にて、実写版のオープニング映像が初公開された。アニメ版に引き続き、菅野よう子による名曲「Tank!」が使用されており、またそれだけでなくアニメ版とほぼ同じ構造で制作されている。これにはファンも胸を熱くさせられただろう。

そんなオープニング映像公開の同日には、Netflixよりオリジナルアニメと実写版の公式比較動画も米国公開されていた。オリジナルアニメのオープニング映像を比較的忠実に再現しながら、背景の文字を英語から日本語に変更したり、実写版で描かれる物語を断片的に挟むという新しい試みがなされたりしている。スパイクにふんするジョン・チョーがイベントにて伝えていたように、百聞は一見に如かず。さらなる詳細は自分の目で確かめてみよう。

賞金稼ぎのスパイク・スピーゲル(ジョン・チョー)、ジェット・ブラック(ムスタファ・シャキール)、フェイ・ヴァレンタイン(ダニエラ・ピネダ)の3人は、太陽系で最も危険な犯罪者たちを──しかるべき報酬のもとで──追いかける3人組。凸凹チームである彼らは、あまたの小競り合いを乗り越えながら、とうとう自らの過去に対峙する。

出演者はほか、アレックス・ハッセルがビシャス役、エレナ・サチンがジュリア役、ジェフ・スタルツがチャルマーズ役、タマラ・チュニーがアナ役、メイソン・アレクサンダー・パークがグレン役、レイチェル・ハウスが「ホワイト・タイガース」のマオ役、そしてアン・トルーオン&ホン・スアンがシン&リン役を演じる。

製作総指揮は、『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)のジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック、『ヴェノム』(2018)のジェフ・ピンクナー&スコット・ローゼンバウム。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014)『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のクリス・ヨストが脚本・製作総指揮を務め、原作の生みの親である渡辺信一郎監督が監修を務めている。

Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」は、2021年11月19日より独占配信開始。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly