Menu
(0)

Search

デヴィッド・クローネンバーグ監督の問題作『クラッシュ 4K無修正版』予告編 ─ 2021年1月29日公開

クラッシュ 4K無修正版
(c)1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

『ザ・フライ』(1986)などの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグ監督による衝撃の問題作『クラッシュ』(1996)が、『クラッシュ 4K無修正版』として2021年1月29日(金)より全国順次公開される。この度、ポスタービジュアルと予告編が到着した。

英国を代表するSF作家、J・G・バラードによる同名小説を原作にした『クラッシュ』は、自動車事故により性的興奮を覚える人々の究極の偏愛を描いた作品。死と隣合わせの危険な快感への目覚め、人体損壊と車体の破損への欲求と美意識。肉体と機械、性別、倫理といったあらゆる境目を越えた先にあるものとは……。

後戻りできない世界にどこまでも堕ちていく姿を見事に捉えた本作は、第49回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。フランスの映画雑誌「カイエ・ドゥ・シネマ」や、マーティン・スコセッシ監督から称賛を浴びる一方で、その過激な性描写から上映禁止を呼びかけられるなど、賛否両論を巻き起こした衝撃の問題作としても知られている。

公開された予告編は、高層マンションのバルコニーで、主人公ジェームズ(ジェームズ・スペイダー)が、妻キャサリン(デボラ・カーラ・アンガー)を後方より見つめる意味ありげな場面から始まる。階下には無数の車が走る高速道路。次に「自動車事故は性的エネルギーの解放だ」という衝撃的な言葉と、ジェームズが乗った車が正面衝突の事故を起こす場面が続けざまに展開される。大怪我を負いながらも、なぜか得も言えぬ表情のジェームズ。彼は事故で今までになかった性的快感を覚え、危険なフェティシズムに取り憑かれていくのだった。

予告編の後半では、「現実を超えようとするのは、人間の基本的欲望である」というクローネンバーグ監督の言葉と、車のボディを人間の体のようにゆっくりと撫でる手が映し出される。赤い車が肉感的にデザインされているポスタービジュアルと同様に、予告編もどこか艶めかしさを感じる映像となっている。クローネンバーグ監督はインタビューにて、「フィルムの粒子を損なわないように4K修復した」と語っており、予告編の素材もクリアに蘇った映像が見どころ。全体を通してどこか冷たく、温度を感じさせない近未来的な映像も特徴だ。唯一無二の傑作にして世界中で賛否両論を巻き起こした本作を是非、劇場で体験しよう。

クラッシュ 4K無修正版
(c)1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

『クラッシュ 4K無修正版』は2021年1月29日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly