Menu
(0)

Search

ワニ映画『クロール -凶暴領域-』続編が企画中 ─「ノンストップで話し合っている」と監督

クロール ―凶暴領域―
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ワニが街中に大量発生し、再び人間に容赦なく襲い掛かる?一瞬たりとも気が抜けないサバイバルスリラー、『クロール ―凶暴領域―』(2019)の続編企画が現在進行中のようだ。

前作『クロール』は、『スパイダーマン』シリーズなどのサム・ライミがプロデューサーを務めたことでも話題を集めた作品。人間に襲い掛かる凶暴ワニと、ハリケーン直撃という絶体絶命の組み合わせによる極限状態に陥った父娘の運命が描かれた。

Bloody Disgustingのポッドキャストにて、『クロール』でメガホンをとったアレクサンドル・アジャは続編について、「ノンストップで話し合っている」と企画の存在について認めている。凶暴領域での死闘が描かれた前作の続編では、一体どんな物語が展開されるのか。どうやら前作の主人公であるヘイリーは、続編には再登場しなさそうだ。

「彼女の物語はとても強烈でした。ただ、本作は自然が本来の姿を取り戻すことをテーマにしていて、ハリケーンの影響を受けた人間VS動物のようなものだと思います。だから、全く別の物語になるかもしれません。」

このアレクサンドル・アジャ監督の発言から推測するに、もしかしたらヘイリーの再登場はおろか、ワニではない新たな動物と人間の死闘が繰り広げられる可能性もあるだろう。いずれにせよ、凶暴な動物との戦いを再び見ることができそうだ。

Source:Bloody Disgusting

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly