Menu
(0)

Search

カワウソ版「ゲーム・オブ・スローンズ」製作へ ─ マリーナ・ベイで繰り広げるカワウソたちの覇権争い

イメージ Photo by David Groves

米ディスカバリーが、野生のカワウソをとらえたドキュメンタリーシリーズを制作するのだが、これが「カワウソ版『ゲーム・オブ・スローンズ』」になりそうだと話題を呼んでいる。米The Hollywood Reporterが紹介した。

ディスカバリーが新たに贈る「Otter Dynasty (原題)」は、シンガポールのマリーナ・ベイで暮らすカワウソたちを映し出す作品。食物も豊富で安全なマリーナ・ベイには島中から多くのカワウソのファミリーが集まるのだが、そこはひとつのファミリー分の余裕しかないそうだ。作品では、この場所のトップをめぐったカワウソたちの覇権争いが描かれるという。都市に面したマリーナ・ベイを目指すカワウソたちは、階段を登ったり、ストリートを横断したり、ハシゴを登り降りしたりして、運河に出入りする。そこにはカワウソを狙う天敵もいて……。

本作を手がけるディスカバリーのエイミー・イントロカソ・デイビスはこのドキュメンタリーについて「カワウソの『ゲーム・オブ・スローンズ』」と称しており、「自然界の実話をもとに、地位、生存、覇権争い、ロマンスが盛り込まれます」と、カワウソの一大叙事詩としてアピールしている。

「ゲーム・オブ・スローンズ」といえばターガリエン家やスターク家など、複数の族が繰り広げる覇権争いが見どころだったが、「カワウソ版『ゲースロ』」なる本作も、カワウソの3つの勢力が紹介されるようだ。

なんでも、マリーナ・ベイで贅沢なロイヤルライフを堪能する“カワウソ界の上位1%”、「ベイ・シティ・クラン」と、マリーナ・ベイを目指して、養魚池やストリートを荒らす新進気鋭の若手集団「リバー・レベルズ・クラン」、そしてマングローブの森の中で、トカゲの襲撃や洪水、荒れ狂う海などに耐えながら、厳しいながらも冒険的な生活を送っている若手クラン「ワイルドリングス」といったカワウソの派閥が登場するとのこと。「ゲーム・オブ・スローンズ」のファンみたいに、視聴者同士で「自分はベイ・シティ派だ」「いやいや、リバー・レベルズも捨てがたい」なんて会話も盛り上がりそうだ。「推しカワウソ」にも出会えるかも。

米国ではディスカバリー系列のプラットフォームで2022年に登場予定。米国外ではBlue Ant Internationalがライセンシングを手がける。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly