Menu
(0)

Search

全米大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』の日本拡大公開が決定 ― スクリーン数が2倍以上に

『クレイジー・リッチ!』
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

25年ぶりとなるオール・アジアン・キャストのハリウッド映画として話題になっている『クレイジー・リッチ!』は、米国で公開されるや全米3週連続1位の大ヒットを記録。すでにアメリカだけでなく、ヨーロッパやオーストラリアなど世界中でも好成績を叩き出しており、躍進が止まらない。

このたび世界的な大ヒットを受け、本作『クレイジー・リッチ!』の日本での拡大公開が決定した。当初は30スクリーンでの公開を予定されていたが、2倍以上の74スクリーンへと拡大される

『クレイジー・リッチ!』
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

本作はアメリカ公開前から、米映画批評サイトRottenTomatoesにて100%の高評価を記録。数多くのハリウッドスターたちが絶賛しているほか、日本でもマスコミや映画評論家による高評価を受けており、試写会では連日満員が出るほどの盛況ぶりを見せている。劇場公開前の一般試写会も予定されているそうで、日本の観客の反応にも注目だ。

『クレイジー・リッチ!』は米国公開後、幅広い世代が映画館に駆けつけ、さらには映画館での鑑賞を促す「#Goldopen」ムーブメントが巻き起こった。大きな盛り上がりが功を奏して、本作は堂々の全米初登場1位を獲得した。
さらに公開3週目の週末でも2,200万ドル越えを記録し、総興行収入は2018年9月12日時点で1億3,000万ドルを突破。2018年に2週連続首位となった『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』といった数々の大作を上回り、驚異の3週連続第1位を達成している。

ちなみに2018年に3週以上1位を記録した作品は、本作のほかに『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)、『ブラックパンサー』(2018)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のみ。『クレイジー・リッチ!』旋風が止まらない!

『クレイジー・リッチ!』
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT
『クレイジー・リッチ!』
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

映画『クレイジー・リッチ!』は2018年9月28日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

『クレイジー・リッチ!』公式サイト:https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=54615

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly