Menu
(0)

Search

『クリード2』ロッキーの宿敵イワン・ドラゴ、新たな人物像で再登場 ― 「大きな傷を負った」父親としての姿

クリード2
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

シルベスター・スタローン主演映画『ロッキー』シリーズの最新作として登場し、絶賛をもって受け入れられた『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)。続編映画『クリード2』の公開を2019年1月11日に控えた今、本作で復活するシリーズのキーパーソンが作品のポイントを明かした。

『クリード2』で再登場するのは、主人公アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の父親であるアポロの命を奪った、『ロッキー4/炎の友情』(1985)のイワン・ドラゴドルフ・ラングレンが演じたこの人物の息子であるヴィクトルが、今回はアドニスの前に立ちはだかるのだ。

34年という時を経て父親となったイワン・ドラゴは、どのような人物としてロッキーやクリードの前に、また観客の前に現れるのか。英Empireにて、ラングレンが新たなイワン像の特徴に言及している。

刷新されるイワン・ドラゴ、そして父親と子の物語

「1985年(『ロッキー4/炎の友情』)以降、僕が演じる役柄はずっと生き地獄を生きてきた。すべてを失ったんです」
旧ソ連という国を背負って戦ったイワンが、ロッキーに敗れた後どんな人生を歩んできたのかはわからない。しかしラングレンによれば、その道は決して平坦ではなかったようだ。

「今回の脚本では、イワンは大きな傷を負った人物として再び登場します。厳しい人生において、精神的、また肉体的に彼は苦しんだんです。そのことに僕が自分を重ね合わせるのは簡単でした。肉体の面でも、精神の面でもね。」

同時にラングレンは、いまやイワン・ドラゴという人物は「象徴的なキャラクター」になっていると述べている。「彼の言葉を引き合いに出す人、Tシャツを持っている人がたくさんいるんです」と語るラングレンは、そのイメージを守ることに重きを置いていたという。『クリード2』で登場する息子ヴィクトルは、その人物造形に新たな光を当てる大切な要素となっているようだ。

「今までは(既存のイメージを壊すことが)成功するとは思いませんでした。イメージを台無しにしたくなくて。でも十分に年を取った今、僕は親として仕事をしていますし、“父と息子”というコンセプトはすごくいいと思ったんです。だって僕も、父とは暴力的な関係性にありましたから。多くの男性がそうするように、結局はコンタクトスポーツ(編注:相手との接触によって身体的負荷のかかるボクシングなどのスポーツ)に落ち着くんですよ。」

言わずもがな、本作ではロッキー&クリードという疑似親子のほか、アポロ&アドニス、イワン&ヴィクトルという3組の“父と息子”が大きく扱われる。個々人の内面で起こるドラマ、それぞれの関係性と因縁を味わってほしい。主演のマイケル・B・ジョーダンも、物語のテーマについてはこのように予告しているのだ。

「ヴィクトルのストーリーは非常に重層的なんです。二人の男(アドニス、ヴィクトル)はいろんな面で似ていて…もちろんアドニスはヴィクトルとイワンに敵意を抱くんですが、そこには別のテーマがあります。成長や成熟、家族や受け継がれていくものの大切さがクリードを特別にしていくんですよ。ただの復讐劇ではありません。」

映画『クリード2』は2019年1月11日(金)より全国ロードショー

『クリード2』公式サイト:http://www.creedmovie.jp

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly