Menu
(0)

Search

マイケル・B・ジョーダン、『クリード』シリーズの長期継続を熱望 ― 続編は「ただの復讐劇ではない」

クリード2
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『ロッキー』シリーズの最新作として2015年に公開された映画『クリード チャンプを継ぐ男』は、のちに『ブラックパンサー』(2018)で世界中を熱狂させたライアン・クーグラー監督の代表作だ。
この映画で主人公アドニス・クリードを演じたのは、『ブラックパンサー』での演技も高く評価されたマイケル・B・ジョーダン。続編映画『クリード2』(2019年1月11日公開)を控えた今、ジョーダンは『クリード』シリーズの続行を強く望んでいる。

クリード2
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

Toronto Sunによる『クリード2』撮影現場の取材にて、ジョーダンは『ロッキー』シリーズへの思いを語っている。

「(『ロッキー』の)第1作を観たのは多分15, 6歳でしたね。勝ち目のない男の、すばらしい物語だと思いました。ありふれた男の物語を象徴していますよね。アメリカン・ドリームや一生懸命の努力、献身、情熱、ハートが力になるんです。絶対に諦めないし、逃げ出さない。僕はずっとファンだったんですよ。」

いまやアドニス・クリード=マイケル・B・ジョーダンは、師匠であるロッキー・バルボア=シルベスター・スタローンからバトンを受け取って『ロッキー』シリーズの最前線に立っている。そんなジョーダンには、スタローンと同じく『クリード』シリーズを長く続けたいという思いがあるようだ。
「スタローンは40年間ロッキーを演じていますが、アドニスも今後40年間は生きていくことになるんでしょうか?」という問いかけに、ジョーダンはこう応じている。

「僕が幸運ならばそうなるでしょうね。良い映画であるかぎり、作り続けていきたいと思っていますよ。僕はいつでも実際のところを把握しておきたいですしね。でも42年か…誰にもわからないですね。」

もっともアドニス・クリードの物語はまだ始まったばかり。『クリード2』では、かつて『ロッキー4/炎の友情』(1985)でアドニスの父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子であるヴィクトルが、アドニスの前に立ちはだかるのだ。続編のストーリーについて、ジョーダンは「ただの復讐劇ではありません」と強調する。

「ヴィクトルのストーリーは非常に重層的なんです。二人の男(アドニス、ヴィクトル)はいろんな面で似ていて…もちろんアドニスはヴィクトルとイワンに敵意を抱くんですが、そこには別のテーマがあります。成長や成熟、家族や受け継がれていくものの大切さがクリードを特別にしていくんですよ。ただの復讐劇ではありません。あらゆる物事についての映画です。僕たちがそういった教訓を理解してもらえるように作れれば、すごく特別な映画になると思いますね。」

映画『クリード2』は2019年1月11日(金)より全国ロードショー

『クリード2』公式サイト:http://www.creedmovie.jp

Source: Toronto Sun

映画『クリード チャンプを継ぐ男』 ブルーレイ&DVD好評発売中 好評レンタル中 デジタル配信中
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly