Menu
(0)

Search

『クルエラ』監督、『ジョーカー』との比較をどう受け止めたか

クルエラ
© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『101匹わんちゃん』(1961)の悪名高きヴィラン・クルエラの誕生秘話を描く実写映画『クルエラ』は、“人気ヴィランのオリジンを描く”というコンセプトや予告編のルックから、DC映画ジョーカー(2019)としばしば比較されてきた一作だ。予告編の公開後には、「ディズニー版『ジョーカー』」との声さえ聞かれたのである。

では、監督のクレイグ・ガレスピーは、このような比較をどのように受け止めていたのか……。米ComicBookMovie.comのインタビューでは、思いの丈を素直に打ち明けている。

「僕は『ジョーカー』が大好きで、素晴らしい仕事のなされた作品だったと思います。だから、(『クルエラ』と)比較したいと思われるのは非常にうれしいこと。ただ、まったく異なるトーンであることも分かっていました。“(比べられるのは)気がかりでしたか?”という質問も何度か受けましたが、結局は別物を観てもらうわけだしな、と思っていましたね。『ジョーカー』と同じ文脈で扱われることは、別に最悪の出来事ではないんですよ。」

しかし監督は、予告編へのリアクション自体は予想していなかったよう。「こんなふうに理解されるのか、と少し驚きました」とのコメントとともに、あるポジティブな感想を得たことも話している。「この映画にあるようなダークな要素を観客は求めているんだな、と思ったんです。それを知れたことが良かった」。実際に『クルエラ』と『ジョーカー』がどう“まったく異なる”のかは、ぜひ本編で確かめてほしい。

ちなみにガレスピー監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)で疑惑のフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの半生を描き、『クルエラ』を経て、現在は「モトリー・クルー」ドラマーのトミー・リーと妻パメラ・アンダーソンの熱愛とスキャンダルを描くドラマシリーズ「Pam & Tommy(原題)」を撮影中。広く捉えれば、いずれも“疑惑の人々”のバックボーンに迫る物語を手がけつづけている。

Source: ComicBookMovie.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly