Menu
(0)

Search

『クルエラ』続編、2023年に撮影予定 ─「いま脚本が書かれているところ」と出演者

クルエラ
© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニー実写映画、『クルエラ』(2021)の続編が2023年に撮影開始されるようだ。

『101匹わんちゃん』(1961)のヴィラン、クルエラの誕生秘話を描いた前作では、1970年代の英国を舞台に、エステラというデザイナーを夢見る少女が、カリスマデザイナーのバロネスとの出会いをきっかけに、狂気に満ちた悪へ変貌していく物語が描かれた。既報によれば続編には、主演のエマ・ストーンがクルエラことエステラ、クレイグ・ガレスピーが監督、トニー・マクナマラが脚本として続投する見込みとのことだ。

この度、注目の続編の進捗について語ったのは、俳優のポール・ウォルター・ハウザー。前作で演じたのは、エステラが幼少期の頃に出会い、そこから仲間として行動を共にしていくことになったホーレスだ。米Forbesのインタビューにてハウザーは、「来年やると聞いています」と続編について明かしており、その具体的な撮影時期は定かでないというが、「トニー・マクナマラがいま脚本を書いているところだと思います」と現状報告もしている。

続編企画は着実に進行中のようで、「多忙なクレイグ・ガレスピーとエマ・ストーンをどうにかしなければなりません。ただ、ふたりには待つだけの価値があるんです。彼らがやるとなったとき、僕はいつでも参加しますよ」といい、ハウザーはホーレスとして復帰する準備はすでに整っている様子だ。果たして、続編では一体どんな物語が描かれるのだろうか。

Source:Forbes

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly