Menu
(0)

Search

『101匹わんちゃん』悪役クルエラの実写映画、『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン主演で2019年撮影へ ─ 『アイ,トーニャ』監督が交渉中

エマ・ストーン
Photo by MarinSD https://www.flickr.com/photos/marinsd/30116702121

ディズニーの名作アニメ映画『101匹わんちゃん』(1961)の悪役クルエラ・ド・ヴィルを主人公とする実写映画『クルエラ(邦題未定、原題:Cruella)』が、2019年にも撮影開始される見込みであることがわかった。米Deadlineなどが報じている。

米ウォルト・ディズニー・スタジオは、2011年から『クルエラ』の企画を始動させており、2016年には主演女優として『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『ラ・ラ・ランド』(2016)のエマ・ストーンを起用。当時、ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」(2014-2018)のアレックス・ティンバースが監督に就任したと伝えられていた。

ところが今回の報道によれば、アレックスはスケジュールの都合で『クルエラ』を離脱したとのこと。後任者として、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)のクレイグ・ギレスピー監督が契約交渉に入ったと伝えられている。米The Hollywood Reporterによれば、本作は1980年代前半を舞台とする“パンクな”クルエラのオリジン・ストーリーになるとのことだ。

クレイグ監督については、以前、ヨアキム・トリアー監督の手がけたホラー映画『テルマ』(2017)のハリウッドリメイク版を手がけるとの報道もあったが、2018年12月5日現在、同作の状況はわかっていない。
前作『アイ,トーニャ』は実在のフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの半生を痛快なブラック・コメディとして描いた伝記映画で、批評家・観客から高い評価を獲得。『クルエラ』の監督としてはうってつけの人選といえるだろう。

ちなみにディズニーは『クルエラ』を急ピッチで進める意向だとされており、2019年にも撮影が開始されるという。脚本は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)や『007 スペクター』(2015)、『ブラック・スキャンダル』(2016)のジェズ・バターワースが執筆した。

Sources: Deadline, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly