Menu
(0)

Search

「13の理由」キャサリン・ラングフォード、『シン・シティ』フランク・ミラーの新作ドラマに主演

キャサリン・ラングフォード
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Katherine_Langford_in_2018.jpg Remixed by THE RIVER

Netflixの大人気ドラマ「13の理由」(2017)で自殺した高校生ハンナ・ベイカー役を演じたキャサリン・ラングフォードが、コミック界の重鎮であり、『シン・シティ』シリーズの脚本・監督を務めたフランク・ミラーによる小説作品『Cursed(原題)』のNetflix実写ドラマ版で主演を務めることがわかった。米The Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じた。

小説『Cursed』は、ミラーが『長ぐつをはいたネコ』(2011)の脚本家トム・ウィーラーと共に執筆し、2019年秋に出版される予定。アーサー王伝説に登場する湖の乙女/ニムエを主人公にした小説で、湖の乙女は聖剣エクスカリバーをアーサー王に授け、円卓の騎士が分裂する一因となったランスロット卿を養育した人物だ。
実写ドラマ版でラングフォードが演じる湖の乙女は、「強く、そして悲劇的な湖の乙女になる運命を背負った、謎の才能を持つティーンエイジャー」として描かれるという。

キャサリン・ラングフォード
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Katherine_Langford_in_2018.jpg Remixed by THE RIVER

『Cursed』が若い世代をターゲットにした小説となること、ラングフォードも「13の理由」をきっかけに若い世代から絶大なる人気を誇る女優であることから、ドラマ版も同じく若い世代を主な対象とした作品になると見られる。Netflixは本作について「現代に通じるテーマである、自然の消滅や宗教の恐怖、無意味な戦争、そして不可能と戦う勇気を求めることを扱った、ティーンエイジャーが大人になる物語です」だとコメントした。

本作のエピソード1&2でメガホンを取るのは、「ジェシカ・ジョーンズ」(2015-)や「殺人を無罪にする方法」(2014)など数々のテレビシリーズで監督を務めたゼトナ・フエンテス。フエンテスはミラー&ウィーラーと共に製作総指揮も担当する。

小説『Cursed(原題)』は2019年秋に米国発売予定。実写ドラマ版の配信日、撮影開始日は未定

Sources: The Hollywood Reporter

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly